レビュー一覧に戻る
Our Friend/アワー・フレンド
2021年10月15日公開

Our Friend/アワー・フレンド

OUR FRIEND/THE FRIEND

1262021年10月15日公開

bakeneko

5.0

ネタバレHands All Hands Around♪

本映画の主人公の一人であるマシュー・ティーグが2015年に雑誌『エスクァイア』に掲載したエッセイ『The Friend: Love Is Not a Big Enough Word』を原作とした実録ドラマで、癌に侵された友人夫婦の家族の為に住み込みで世話をした親友との2年間の日々を時空を飛び移りながら綴ってゆきます。 人見知りの強いジャーナリストのマシュー・ティーグ(ケイシー・アフレック)とスーパーの店員をしながらスタンダップコメデイを書いているデイン・フォシュー(ジェイソン・シーゲル)はマシューの妻で舞台女優のニコル(ダコタ・ジョンソン)をデインが独身と間違ってデートに誘って以来の親友だった。ある日ニコルが癌に罹っていることが判明する。娘2人(イザベラ・ケイ・ライス&ヴァイオレット・マッグロウーどちらも将来美人になるぞ♡)を抱えて多忙なマシューを助けるためにデインは私生活を投げ打ってマシュー家に滞在し、次第に病状が悪化してゆくニコルを気遣いながら生活を支え続ける…という友情譚で、派手さを排した淡々とした生活描写と回想の中に、人間の絆と刹那的な幸福な日々への愛おしさを浮かび上がらせてゆきます。 病気が進行してゆく辛い時期と健康だった頃の幸福な記憶を交錯させる作劇は、死と言う決着が見えている物語の辛さを和らげていますし、意識的に人物に近づき過ぎる&揺れ動くカメラワークは、あたかも素人が撮ったホームビデオを後日見返しているかの様な感覚を想起させています。そして、子供たちを見つめる視線も女性監督らしい暖かさを現出させています。 誰にも訪れる、愛する人との別れをストレートに見つめてゆく佳作で、感情表現を抑えた俳優たちの演技は派手な喜怒哀楽よりも心に沁み通りますよ… ねたばれ? 1、本作公開時の入場者プレゼントは、本映画の原作となったエッセイの抜粋でした。 2、(エンディングの近況報告より)デインはやはり芸人にはなれなかったのね…

閲覧数760