上映中

流浪の月

1502022年5月13日公開
流浪の月
4.2

/ 1,336

55%
26%
10%
3%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

雨の公園で、10歳の少女・家内更紗がびしょ濡れになっているのを目にした19歳の大学生・佐伯文。更紗に傘を差し出した文は、引き取られている伯母の家に帰りたくないという彼女の気持ちを知り、自分の部屋に入れる。そのまま更紗は文のもとで2か月を過ごし、そのことで文は誘拐犯として逮捕されてしまう。被害女児、加害者というらく印を押された更紗と文は、15年後に思わぬ再会を果たす。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(336件)

切ない26.4%悲しい19.6%泣ける17.5%絶望的8.1%恐怖4.9%

  • yok********

    3.0

    期待しすぎました

    予告がとても面白そうだったので期待しすぎていまひとつでした。 長く感じてしまって、何度もあと何分か時計見ました。 内容的にはそこまで悪くないし、俳優の演技も良かったと思いますが、話に入り込めませんでした。

  • KameMame

    4.0

    ネタバレ原作を読んで。文はロリコンでも性病でもない(大事)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • あずみはは

    4.0

    ネタバレ3人の演技が素晴らしい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • しんしょうひろみ

    1.0

    すずちゃんの冒険

    北米・南米の刑務所で ロリータコンプレックスは 投獄されたその日に囚人によって殺害される 敢えてレベル5の刑務所に入れられて ロリータコンプレックスは この地球上で最悪の人間 美しく描いて映画にするのは論外 原作も知らずに『なんか面白そう』 って、だけで観て、怒り狂った こんなものを芸術にしてはならない

  • mur********

    5.0

    中学生の頃見た映画を思い出した!

    数年前に映画を見たときに、広瀬アリスが大人の演技ができるようになったと思ったら、今回はすずが大人の演技ができるようになったと思いました。セリフのないシーンでも、後ろ姿でも感情をしっかり表してました。 松坂桃李が後半に警察にしょっぴかれるシーンでは、今までに観た映画のベスト5に入る、中学生の時に見た『映画シベールの日曜日』を思い出しました。似たようなテーマの映画でした。 意外なラストシーンも???とは思いましたが、それもありかな? 久しぶりに、いろいろなことを深く考えさせられる映画でした。 今回は原作読む前に観たので、ゆっくり原作も読みたいと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


監督

脚本

製作総指揮
広瀬すず家内更紗
松坂桃李佐伯文
横浜流星中瀬亮
多部未華子谷あゆみ
趣里安西佳菜子
三浦貴大湯村店長
白鳥玉季更紗(10歳)
増田光桜安西梨花
内田也哉子佐伯音葉
柄本明阿方

関連ニュース

関連ニュースの記事はYahoo!ニュースに移動します。


基本情報


タイトル
流浪の月

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日