レビュー一覧に戻る
流浪の月
上映中

流浪の月

1502022年5月13日公開

lei********

4.0

どちらが悪者なのかと、考えされられる作品

少女(女性)を虐待・放置する周囲の人間が悪者なのか、 その少女(女性)を良かれと思って匿う人間が悪者なのか、 と、とても考えさせられる作品でした。 この作品では、少女を2回(3回)にわたって匿った佐伯(松坂桃李さん) が悪者、しかも「ロリコン」として責め立てられ、しかも、実際に 大人の女性には関われない理由が終盤で明かされます。 ただ、匿われた少女たちは佐伯のことを悪くは思っておらず、実際には 虐待や放置から一時的であるとはいえ救われており、他の方の レビューにもありましたが、「出会い方を間違っていなければ・・・」 と本当に思ってしまう作品でした。 キャスティングについては、更紗(広瀬すずさん)の10歳の時を演じて いたのが白鳥玉季さんで、本当に10年ほど前の広瀬すずさんのように 見える方で、「よくこんな人見つけてきたなぁ」と思いましたが、 よくよく調べると、すでにご活躍されている方であると知って驚きました。 あと、松坂桃李さんは、過去の「あの頃。」等出演作品で、実年齢より 上下10歳ぐらいは全く違和感ないと思っており、この作品でもそのあたり うまく使い分けされていました。多部未華子さんが、そこそこ重要な役 なんだけど、モブキャラ感がちょっと強くてがっかりでした。

閲覧数6,342