オフサイド7

ESCAPE TO ATHENA

119
オフサイド7
2.9

/ 21

10%
10%
52%
19%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(5件)

勇敢33.3%ゴージャス33.3%笑える16.7%楽しい16.7%

  • ブレネックス

    1.0

    ネタバレ第二次大戦を舞台にしたトンデモ映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aki********

    3.0

    懐かしい70年代の薫り

    出ました刑事コジャックこと、テリーサラバス、 運動音痴の007、ロジャームーア 60年代のイタリア映画を支えたクラウディアカルディナーレ、 戦後英国紳士の代名詞、デヴィッドニーブン、 中途半端なニューシネマの旗手、Eグールド!! そうそうたるメンバー構成です。 が、サイコーの隠しキャラクターは 第十七捕虜収容所stalag17、でアカデミー主演男優賞をとったウィリアムホールデンでしょう!! 映画の中で、第七捕虜収容所 stalag7 の囚人として一瞬、顔を出してました!! そのときの会話…「まだここに居たのかよ?」 笑いました。おふざけやり過ぎです(笑)

  • mor********

    3.0

    気軽に楽しめるアクション映画

    テレビの深夜映画で観たと思います。 ロジャー・ムーアやクラウディア・カルディナーレが 出ていたのを覚えています。 気軽に楽しめると思います。

  • mal********

    2.0

    タイトルの意味は当時から謎でした。

    第二次大戦下ドイツ軍に占領されたギリシャの小島。だが、不屈の闘志を持つレジスタンスと捕虜達は見事に(結果的にはお色気作戦でしたが)ドイツ軍を制圧し、島には再び自由の息吹と平和が訪れるのでした。と、素直に終わらないのが本作の面白いというか、欲張りな点であります。そこから本作は島の教会に隠された秘宝”黄金の皿”を追う男達の冒険が描かれ、それまでの趣とは違った映画になってしまいます。まず、エリオット・グールドが演じる、常に余計な言葉を添える軽い男の必要性が分かりません。また、動く度に敵に気付かれる、不用心なレジスタンス達には、逆に驚かされてしまいます。小気味良いアクションシーンも少しはあるのですが、風光明媚なロケ地の影響をまともに映し出したようなゆるいストーリー展開は、いま観ると時代のズレを感じました。ただ、デヴィッド・ニーヴンとロジャー・ムーアの新旧ジェームズ・ボンドの共演は(ニーヴンがボンドを演じたこと知っている人は、あのボンド映画を観てるってことですよね)ちょっと観る価値があるかもしれません。

  • nen********

    2.0

    ラロ

    当時、007役でバリバリだったロジャーの活躍場面(アクション場面)で流れる、00テーマ・バリー風のゆるいBGがたまらん…

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
オフサイド7

原題
ESCAPE TO ATHENA

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日
-

ジャンル