ここから本文です

上映中

メインストリーム (2021)

MAINSTREAM

監督
ジア・コッポラ
  • みたいムービー 45
  • みたログ 41

2.97 / 評価:32件

熱演だけど これじゃ~ない ! 感。

  • Kainage_Mondo さん
  • 2021年10月8日 19時11分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

アンドリュー・ガーフィールド ( 以下敬称略 ) は好きな俳優だ。これまでに 8作品 を観ており、本作が 9作目 になるのだが、2016年「沈黙 -サイレンス- 」以降の 4作品 しか、彼の認識が無いのだ。スパイダーマン は全く観ていないので、演技に唸ったのは厳密に言うと 3作品 のみで、前作 2018年「アンダー・ザ・シルバーレイク」は映画自体が期待外れの出来だった。そんな ご贔屓男優 あと一歩の彼の新作がこれ。

う~ん、何とエキセントリックなキャラであること! 端から YouTube での成功を夢みていた訳ではなく、単なる着ぐるみのバイト屋さんだった リンク ( ガーフィールド ) を フランキー ( マヤ・ホーク ) が見出したところから話が転がり、怒涛の展開になって行くのだが、これが~ まったく惹き込まれないのだね。

情緒に何らかの問題を抱えた人物として提示は見事なのだが、そこに感情移入できるか否かは別問題だと感じた。

祖父が フランシス・フォード・コッポラ で、叔母が ソフィア・コッポラ で、2013年 に 26歳 にして初の長編映画を 脚本&監督 で物している、じつに恵まれた映画環境にお育ちの ジア・コッポラ監督 の 2作目 だが、エンディングで、SNS や YouTube の現状に痛烈な批判を浴びせるような描写につづいて、それらを社会の趨勢 mainstream ( 主流 ) として清濁併せ呑んでゆく他はないと云う意味なのか、 リンク ( ガーフィールド ) のしたり顔をアップにしたのが、何ともやるせなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ