ここから本文です

上映中

クーリエ:最高機密の運び屋 (2020)

THE COURIER

監督
ドミニク・クック
  • みたいムービー 315
  • みたログ 667

4.23 / 評価:568件

緊張感と言うよりも泣ける映画

  • kko******** さん
  • 2021年9月28日 8時04分
  • 役立ち度 16
    • 総合評価
    • ★★★★★

いや~面白かったな・・・

前評判は、「凄い緊張感」なんて言葉が多かったので、硬派なスパイ映画、クリントイーストウッドの「ファイヤーフォックス」のような臨場感がある映画なのかと思って見たんですが・・・

緊張感があると言うよりも、泣ける映画でした・・・・

本作品、実話なので大変にびっくりしています。こんなお話が有ったんですね。

劇中の中で、国の政治家同士は仲が悪くても、一般の人には関係が無く、意外にこう言う人が平和を作る的な台詞が有るのですが、このシーンだけでも感動です。

結局、現代でも当てはめられるのですが、普通に生活し、普通に家族を持って、普通に人生を楽しんでいる人達は、どの国の人も平和を願っているのモノで、一部の野心があり過ぎる奴の為に、色々な人が迷惑な思いをしたり、苦痛な思いをしたり・・・・

韓国映画の「工作 黒金星と呼ばれた男」のように、国の方針により避けられているけど、異国の人で有っても想いはひとつ・・・その友情と言うか・・・・その想いに感動したな・・・・

アレックスは英雄だよ、当時のソビエトは、アレックスのような人間を処刑した事を恥じるべきだと思うね。

ソ連の俳優さんなのかな、メラーブ・ニニッゼも存在感が有って良い俳優さんですね。

ベネディクト・カンバーバッチも良かったな、スーパーヒーローなんて辞めちゃえよと思う位良かった。

本作品、泣ける1本だね、大変に良かった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ