歩きはじめる言葉たち ~漂流ポスト 3.11をたずねて~
3.6

/ 7

43%
14%
14%
14%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

2011年の東日本大震災後、岩手県陸前高田市には亡くなった人への手紙を受け取る「漂流ポスト3.11」が置かれ、今も手紙が届いている。被災地での映画作りを望みながらも2020年に亡くなった佐々部清監督への思いを胸に陸前高田市に足を運んだ俳優の升毅は、「漂流ポスト3.11」に出会う。さらに、旅を続けた升は佐々部監督にゆかりのある人たちから託された手紙を携え、再び「漂流ポスト3.11」を訪れる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(1件)

泣ける50.0%切ない50.0%

  • miy********

    5.0

    静かに進んでいく人々の想い

    佐々部清監督と東日本大震災の出来事を結んだ映画でしたが、静かに進んでいくストーリーで人々の想いが伝わってきました。 決して派手さはない作品ですが、地味ながらも臨場感と切なさを感じました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
歩きはじめる言葉たち ~漂流ポスト 3.11をたずねて~

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日