2021年12月17日公開

私はいったい、何と闘っているのか

1142021年12月17日公開
私はいったい、何と闘っているのか
3.6

/ 118

17%
43%
27%
7%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

45歳のしがない中年男・伊澤春男(安田顕)は、地元で愛されるスーパー“ウメヤ”に勤めて25年になる万年主任。たまの休日は愛する妻子のために駆け回り、仕事では念願の店長昇進を夢見て一喜一憂していた。ある日、店で誤発注トラブルが発生し、大混乱に陥った事態を乗り切るため春男が呼び出される。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(30件)

笑える22.8%切ない20.3%コミカル16.5%泣ける15.2%楽しい11.4%

  • mak********

    3.0

    配役がいいですね

    コメディなところあり、ハートフルなところもあり。仕事ではイマイチな主人公も、家庭では幸せそうなので色々あっても重くならない内容。大きな事件や複雑な感情はなく、チクリときたり、クスッとなったり。 最近自分としてはイチオシの金子大地くんもいいし、ウイカさんも意外な役でビックリでした。 でもいまひとつ、コレというのがなくて…ぼんやりみるにはいいかもです。

  • まんぼう

    4.0

    空回りが愛おしい

    スーパーの主任の主人公は結構有能なんですがなぜが空回りしてしまって周りを巻き込むこともしばしば。 でも本人はいたって真面目に物事に向き合っている。 そんな主人公に時にもどかしく思いながらも愛おしくもある。 娘役の岡田結実さんやスーパーの店員役のウイカさんが良い演技をしています。 特にウイカさんは普段の見た目とは正反対のキャラで出演している事を知らなければ気付かないかも。

  • aao********

    5.0

    温まる映画

    気持ちが暖かくなる作品です。

  • tna********

    4.0

    幸せとは何か考えさせられる映画

    まさに、私は何と戦っているのか?考えさせられる映画だった。万年主任の主人公は、家族のため、お店のため、従業員のために、良かれと思って孤軍奮闘するが、常に空回りしてしまう。そして、人が良すぎて、念願だった店長のポストも棒にふってしまう。でも、みんなに頼りにされ愛されている。自分は、旅行会社に30年勤めているが、入社当初は、お客様を笑顔にしたい、元気にしたいという一心で仕事をしていたが、数字に追われ、出世に追われているうちに、気付けば、常に効率や損得勘定の打算で動くようになってしまった。結果的には、お金もポストも手に入れることができたが、はたしてこれで本当に幸せなのだろうか。まさに、私は何と今まで戦ってきたのだろうか?人の数だけ幸せの物差しは違うと思うが、もう一度、原点回帰してみようかなと思える作品だった。あと、安顕と小池栄子の演技はいつもながらお見事だった。

  • aoa********

    4.0

    ぼやき炸裂。配役ズバリの良作。

    主人公の心の声(=ぼやき)がナレーションされており、TEAM NACKSお得意のぼやき節が炸裂している作品だなぁと思って鑑賞してました。…と思ったら、原作はつぶやきシローさんなんですね。なるほど、元祖というかぼやきのプロ中のプロの作品だったんですねw。 ストーリー中では節々に伏線が張られていて、終盤でしっかりと回収。家庭や仕事場といった日常と、ちょっとした非日常感のある食堂(カツカレーのお店:ここのシーンだけフィルムをぼやかしている演出もGOOD)がスパイスになっていて、良く出来た構成の映画作品に仕上がっていると思います。キャスティングも良かった(小池栄子は女優としての能力がホントに高いなぁと改めて実感。彼女の舞台も観たことがあるけど、もっと評価されて良い人だと思います)。 自分は主人公と同じ年代の中年おっさんなんですが、こういう根っからの「いいひと」っているよなぁ…としみじみと共感。損をすることが多い人生なんでしょうが、それでも日常の中に守れる人たちがいて、幸せを感じられる。観ていて羨ましくなりました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


安田顕伊澤春男
小池栄子伊澤律子
岡田結実伊澤小梅
SWAY梅垣聡
菊池日菜子伊澤香菜子
小山春朋伊澤亮太
田村健太郎西口新店長
伊藤ふみお金城正志
伊集院光上田店長
白川和子食堂のおばあちゃん

基本情報


タイトル
私はいったい、何と闘っているのか

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日