2021年8月20日公開

スイートガール

SWEET GIRL

1092021年8月20日公開
スイートガール
3.2

/ 33

9%
24%
52%
9%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)


  • aki********

    1.0

    ネタバレ退屈な上に話が雑

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yui********

    4.0

    期待以上でしたね…

    何かパンチが無いなって思って観てると 書かれてる方も居ましたが、PNCパークから 転がやっと来まして、そこから面白くなりました。 イサベラ メルセド 今後期待される女優さん になるかと思いますね。 余りにも切なすぎましたね。

  • ムービークリニック

    3.0

    ほし みっつ

    ラストシーンを一瞬見せて、回想的場面を演出してそのまま本編へ。このパターンはよく見る演出。ほんの少しだけだがこうなるのかという印象を残すから主人公の運命を知ってるぞ、という優越感みたいな気持ちが芽生えるよね。 クライマックスの時にこのシーンが近づくとやっと続きが見れるというワクワク感も増幅するね。 このシーン。なんてことない作品もあれば重要なこともある。 ガンで苦しむ家族。娘は母の姿に胸を痛める。父は格闘技をたしなみ、娘にもその技を教える。この格闘技が生きるシーンは存分にわかる伏線である。 近未来の話かな?と思って少し混乱したが、ガンの特効薬ができたということで先が明るくなる。 しかしその薬の発売は延期に。妻は死に数年が流れる。 その延期は陰謀があると知り、母の弔い合戦になるというアクションスリラー。 劇中では復讐と言って行動する主人公だが、やや逆恨み感が感じられてこれまた困惑。だが反乱分子とみなされた主人公は口封じも含めて、殺し屋を向けられてさらに殺し屋の行ってきた殺人の罪も着せれれてしまう。もうがんじがらめになる。緊迫感は最高です。ただ序盤の格闘技練習はあまり生かされてない感じがする。バトルしてもなかなか相手は倒れない。 でもよく考えると、簡単に倒れてはいけない意味があるのだった。 ここは観てる時はイライラするが観終ると納得か。 警察の追跡、殺し屋の追跡、黒幕の正体、逃亡と攻撃。サスペンスはバッチリ面白さあります。 しかし、物語が数年間隔で飛ぶ展開。とある演出が「まさかね」と感じてしまうシーン。 この辺はベタという印象は拭えなかった。

  • kkk********

    3.0

    なるほどスイートガール

    後半までスイートガールのタイトルとアンマッチな映画と思って鑑賞するも、納得。それはないだろう と思いつつ、やられた感有り。 製薬会社と政治家は、どの国も金、収賄で汚れているのか。

  • oce********

    3.0

    それでこのタイトルね

    アクアマンことジェイソン・モモア主演のアクション作品。 亡くなった妻の病気を治すはずだった薬が賄賂によって市場に出回らない羽目に。 そこでレイは企業に対し復讐を企む。 典型的なアクション映画の背景だが、後半にある驚くべき展開が訪れる。 ジェイソン・モモアの作品なのに、なぜこのタイトルなのかが分かる。 まさかアクション作品でこういう仕掛けがあるとは。 娘役のイザベラ・メルセードは今後他作品で見かけるのかも。

  • 一人旅

    5.0

    ネタバレPNCパークでの追走劇は圧巻

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中