2021年11月26日公開

ペルセポネーの泪

1022021年11月26日公開
ペルセポネーの泪
3.5

/ 22

32%
32%
14%
5%
18%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

都会からの移住者の風太(渡部秀)は家と農地の代金の返済を迫られていた。内縁の妻の実(剛力彩芽)は高価そうな指輪を風太に渡すが、彼は町で怪しい男にだまされ、指輪を奪われてしまう。そして、男を追ううちにたどり着いた酒場で見た洋子(橋本マナミ)という魅力的な女性と出会う。一方、実には風太に隠している秘密があった。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(8件)

不思議25.0%ファンタジー25.0%ロマンチック20.0%切ない20.0%楽しい5.0%

  • shi********

    3.0

    ファンタジー

    地元がロケ地ということもありスクリーンから見慣れた場所の景色が映っていて不思議な感じがしました。古き良き昭和感が出ていて良かったです。 作品は深いストーリー。途中からファンタジー的な展開となり、幸福、堕落、再生、といった感じでしょうか。ペルセポネーはギリシャ神話に出てくる女神。ラストは主題歌、彩香の歌声で余韻に浸りました。 根本さん、宮入さん良い味出てました。

  • nat********

    4.0

    好みが分かれる気がするけど・・・

    好きな人は何度も見てしまうような不思議な映画。 私は好き、これが長野県内で撮られていると思うと、疑ってしまうくらいうまく世界が作られている気がしました! ラストもじんわり・・涙って感じかな。

  • mor********

    2.0

    予算が少ないのは分かるけれど

    大きなスポンサーもついていないし予算が少ないのは分かるけれど、ファンタジーをいうならもっと外連味があってよかった。鈴木清順のような。ギリシャ神話を元にしているけれど、活かせていないような。いい役者が揃っているだけにもったいない。最初の15分ぐらいが妙に冗長で全体のテンポがよくない。戸倉上山田を使うならタイやフィリピンの女性を出して欲しかった。宴会シーンは目を覆うほど酷かった。大池の空撮シーンだけが美しく印象に残った。ラストシーンは完全に予測できたが、あの簡単すぎる終わり方には笑った。駄作ではないけれど傑作でもない。観終わった後になにか消化不良の様な不満が残った。

  • bar********

    5.0

    ネタバレ今まで観たことない映画!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • s1s********

    4.0

    かさなる展開

    思ったより静かで映画らしい物語だと感じました。背景にあるテーマを色々考えさせられたように思います。テレビでもありましたが2回見るとまた違って見えるのかも?

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ペルセポネーの泪

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル