2021年12月3日公開

悪なき殺人

SEULES LES BETES/ONLY THE ANIMALS

R15+1162021年12月3日公開
悪なき殺人
3.9

/ 227

27%
49%
17%
5%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(69件)


  • shi********

    1.0

    これは面白いのかな??直角的なストーリー展開で強引さもある。

    映画でしかできない手法ではあるのはわかるが、これ面白い?? 物語の進み方が直角的。 なだらかなストーリーから急な展開がワクワクドキドキさせるんだと思うが、今回はカクカクまがった強引な展開。 いい映画を見た感じはない

  • 一人旅

    5.0

    「偶然」という人生の不可知

    ドミニク・モル監督作。 フランスの作家:コラン・ニエルによる2017年発表の小説「Seules les bêtes(動物だけが知っている)をドミニク・モル監督が映像化したサスペンスで、女性変死事件を巡る意外な真実の判明までを複数の登場人物の視点により紐解いていきます。 フランスの寒村で女性が失踪、遺体となって発見された事件を発端にして、付近に暮らす無口な農夫:ジョゼフ、彼と不倫関係にある人妻:アリスとその夫:ミシェル、パリのレストランで働くレズビアン:マリオン、コートジボワール・アビジャンでSNSを通じた詐欺行為を働く黒人青年:アルマンそして当事件の被害者である中年女性:エヴリーヌら男女6名の過去から現在に至るまでの動向を交錯させ映し出していきながら、平和な寒村で起きた怪事件の意外な真相に迫ってゆく「羅生門形式」の群像サスペンスとなっています。 人の力ではどうすることもできない「偶然」がさらなる「偶然」を呼び、点と点が繋がった一つの真実へと帰着していく展開に見入る―“脚本の妙”で魅せてくれる傑作サスペンスで、偶然という人生の不可知とそれに翻弄される人間という生き物の滑稽かつ悲劇的な末路を、画面上の主役&時間&場所を交錯させながら描き出しています。 まるで“フランス版イニャリトゥ”のような味わいを放つ群像サスペンスミステリーで、「偶然」が人生に及ぼす深刻な影響を優れた構成&演出力で見事に描き切った傑作であります。

  • mai********

    3.0

    視点を変えるとこんなにも…

    誰を主軸にするかで、その日々がどういう物語なのかが変わっていく。 一つの事件がどういう流れで起きてしまったのか? おお、そうなのか。 ああ、こうなのか。 見ていくごとに人の思惑と偶然と必然とが交差して行っているとわかるし こんな風にあのシチュエーションがあったのかと 視点が変わる前の状況を振り返ってみると実はギリギリ成立してたりと そういうことが分かるので面白い。 事件が起きてる物語を『面白い』と評するのは不謹慎かな? でも、視点が変わることで見える景色が違うことを 事件を含めた登場人物たちの行動を繰り返し見ることで楽しむ作品。 2022年3月5日シネマテークたかさきで鑑賞

  • aki********

    4.0

    ふ〜ん、そういうことね、と何となく腹落ち。

    ★5級の傑作とまでは言えないが、異色の謎解きが展開する物語でそれなりに堪能。 偶然の重なりが時系列を前後して進行するため、見る側はこれがどう繋がるの?といぶかしく思ってしまう。 正に、監督の術中にはまってしまった感がある。やむなし。 なぜ中年のおっさんがネットで知り合った若い女にそこまでいれあげるのか?とか、中年のおばさんと若い女性がなぜ惹かれ合うのか?とか、夫婦愛の冷めた奥さんがなぜ精神を病んだ男とセックスをしたがるのか?とか、その病の男はなぜ死体を隠して最後は自分も自殺するのか?とか、 つぶつぶを見ればそういった消化不良的な疑問も多い。そういう意味で「なんとなく」の腹落ち感で★5に届かない感じだった。

  • ooi********

    3.0

    悪なき殺人ではない

    各々が抱える秘密が時間軸を前後しながら解き明かされていく謎解きサスペンス。ここで用いられている手法を「羅生門スタイル」(named by Q.タランティーノ)と呼ぶのだそうです(知らんかった)。 こういうスタイルは嫌いじゃないし、観応えも感じる。ただ真相と共に徐々に明らかになっていく登場人物たちの行動原理が結構しょうもなくて(特にアリスの夫)、それに付き合わされている馬鹿らしさも中盤から感じてしまった。怪しげな黒魔術師のご宣託に暗示させている過剰な偶然の産物、因果の帰結にやりすぎ&出来すぎ感も。結果観終わった後の満足度が決して高くはなかった。 作品の内容に関する情報は極力シャットダウンして劇場を訪れる私にとって、映画のタイトルは内容を推し量る上で結構大事。その意味においてこの邦題は極めて不適切だとも感じました。

  • ガーディニア

    4.0

    おとぎ話サスペンス

    この映画に出てくる登場人物たちは、なんらかの悪を抱えて生きていて、それは不倫、異常性愛、金の亡者、詐欺、カルト宗教、etc。それらがぶつかり合った物語が本作である。 それはまるで因果応報のごとく、それなりの結末へコマを進めることになる。パズルのピースのごとく細分化し時系列をランダムにした難解な構成だけど、結末は納得で分かりやすく、謎めいた演出が功を奏したのか、最後まで飽きさせない内容となっている。 本作はずばり、サスペンス映画風「大人のおとぎ話」。悪いことをすれば天罰が下される、あれである。もしも、社会にもまれたあなたの心に解消されない問題がこびり付いているのならば、子供の頃に読んだ絵本のごとく、実に単純なことなのかもしれません。

  • lrf********

    5.0

    よかった!

    内容はアカンやろ。。だけど(笑) 出来すぎるくらい繋がってる。。けど(笑) 引き込まれました! 面白かった!

  • 奥田映二

    5.0

    こういう映画を年に3本は観たいと思った。

    大作、感動作とされる作品よりもそこまで話題に上らないが嵌ってしまう愛すべきこんな作品を年に3本は観たい。 しかしてなかなかお目に掛れないのだが。 単なるストーリーテラーというだけではない脚本が素晴らしい。 ヒッチコックの映画を彷彿とさせるのだが、ヒッチコックの場合リアル進行のサスペンス或は冒険譚で、その筋立ての巧妙さや息詰まるアクションに引き込まれていくものが多いがこの作品はそれだけではない。 良く練られたプロットだけが称賛に値するのではなく、切なさもありユーモアもあり、人間の悲しさや愛らしさが伝わってくるのが良い。 だから映画館を出ても醒めない。 冒頭、オッパイやお尻は出ないもののセックスシーンが出てくる。 これで掴みはOKだ。 こうゆうのは往々にして着衣の方が煽情的だったりする。 だから何?と言われると特に何もないのだが… 切なかったところ、笑えたところ、なんしか良かったところがいくつかあって、 ジョセフがエヴリーヌの死体を穴に投げ込んだが、すぐまた自分も穴の底に身を投げるところが… サヌー師が案外真実を突いたような話をするところ。 でもやっぱりカネは要求するところ。 ミシェルがコートジボワールまで出向いて詐欺をした若者アルマンを見つけ出し首を絞めかけるが、絞め殺すことは出来ず失意のうちに宿に帰る。 そこでチャット上のマリオンから何事もなかったようにメッセージが届き、微笑んで返信するところ。 何しか良かったねと思う… アルマンもイケてるつうかよくわかってるんだねえ。 人によってその欲求や埋めたいものはそれぞれだけど、それが何であれ充たされれば幸福。 偶然の連鎖の中で運命に弄ばれる無力な小市民の悲喜こもごも。 これを距離感を置いてミステリー仕立ての小洒落た物語にする監督の才気に感嘆。 こうゆうの年に3本くらい作って欲しい。 でもですねーレビューで必ず見受けられるのが、あそこがおかしいここがおかしいといちゃもんつける人。 ご都合主義的過ぎるとか、あれは有り得んとかそうゆうことを相変わらず言う輩がいるけどそうゆうの見つけるために映画館に足運んでんのか?と思う。 つまんねえヤツ。 でもこういう映画は日本では作れないよなあ。 この映画のレビュー件数って60件そこそこ。 いかに動員数が少ないかというのがわかる。 面白いんだけどなあ… 東京国際映画祭をメディアはもっと取り上げろよ。

  • koukotsunohito

    4.0

    ネタバレ愛の泣き笑い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 映画は2時間

    4.0

    ネタバレ良く出来ているが好きになれない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cha********

    4.0

    ネタバレドラレコが付いていなかったんだね

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • habibtajjeb

    5.0

    ネタバレ最後の。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • uzu********

    4.0

    邦題おかしい

    原題「Only the Animals」がまさしくこの映画のすべてです。なぜこんな邦題にしちゃったんでしょう。 ひとりの女性の行方不明事件に端を発する物語は、他の方のレビューにもありましたがまさにアンジャッシュのコント。偶然に偶然が重なり、登場人物の思惑が交錯し、事件が起きるまでの経緯が徐々に明らかになります。 登場人物の視点をスイッチしながら作品が進行していくことで「そういうことだったのか!」とパズルのピースがはまる快感を味わえます。 登場人物に善人はいません。かといってどうしようもない悪人もいません。人間ってしょうもないなあと思わされます。とてもよくできた作品だと思いますが、あまり後味はよくありません(^_^;)

  • nao********

    5.0

    これは喜劇です

    原題に対しての誤訳とも言えるセンスのない日本語タイトル名のため、サイコスリラーっぽく宣伝していますが、原作者も監督もそのようない意図はないはず。  それぞれの人間のバカさをえがく表現力、脚本力を堪能させてもらえます。  邦画で言えば、「カメラを止めるな」に通じるものがあるかなぁ。

  • rxg********

    3.0

    運命は、回って巡る輪舞曲

    こういう循環モノは、映画の世界ではときどき出てきますよね。チラシはなんだかシリアスで悲惨な不条理ムービーかと思わせるような陰惨さを漂わせていますが、どちらかというと、仮面夫婦の冴えないエロオヤジの間抜けなオイタに発するバカバカしい人間喜劇を暗いトーンで描写してるわけで、殺されちゃったセレブなおばさんには申し訳ないけれど、誰もが持ってる情けない部分の連鎖で事件を繋いだコメディだと思いますんで、軽〜い気持ちで観に行くことをオススメします。寒々しい曇天下の陰鬱で不機嫌な平凡なフランス人達の外見に惑わされて暗〜い映画だと思って観に行かないなんてことにならないように!

  • まんぼう

    4.0

    悪は有る、そして偶然が出来すぎ。

    悪なき殺人とありますが登場人物が殺されるシーンは間違いなく悪ある殺人です。 しかし、その動機となったのは本来意図しない偶然だったという所がこの作品の面白さでしょう。 まあ偶然の伏線は面白いですが、ちょっと出来過ぎという感じは否めませんが映画なので良しとしましょう。 みんな少しずつ後ろめたい事を抱えていて(1人は只の悪人ですが)その闇に飲み込まれていくストーリーが良く出来ていると思います。

  • ron********

    4.0

    ストーリーがとても良く練られている

    同じ出来事を複数の人物の視点で語る黒澤明の「羅生門」のごとき手法で描かれたフランス発のサスペンスドラマ。 吹雪の夜、フランスの人里離れた村で一人の女性が殺された。 この事件を軸に5つの物語が展開、5人の男女が思いもかけない形で繋がっていく。 やがてフランスからアフリカにまたがる壮大なミステリーの謎が明らかになる。。。 「ハリー、見知らぬ友人」でセザール賞を受賞した監督・脚本ドミニク・モルが、幾重にも重なる「偶然」という「必然」を通して、人間の本能と滑稽さを描き切る。 2019年東京国際映画祭にて「動物だけが知っている(仮題)」(原題:Only The Animals)というタイトルで上映され、観客賞と最優秀女優賞(ナディア・テレスキウィッツ)を受賞した。 主演は「イングロリアス・バスターズ」などのハリウッド映画や、「ジュリアン」(17)でセザール賞主演男優賞にノミネートされるなど、フランスを代表する名優ドゥニ・メノーシェ。 出演は他に、「クイーンズ・オブ・フィールド」などのロール・カラミー、「ウルフズ・コール」などのダミアン・ボナール、ナディア・テレスキウィッツなど。 原作はコラン・ニエル。 共同脚本に「ボン・ヴォヤージュ」などのジル・マーチャンド。 音楽はベネディクト・シーファー。 原題「SEULES LES BeTES」 映倫区分R15+ 2019年作品 フランス=ドイツ合作映画 配給はSTAR CHANNEL MOVIES 上映時間116分 原作は未読です。 これはなかなか面白かった。 構成が面白い。 ストーリーはとても良く練られている。 こういう話を書いてみたいと思う。 創作意欲を掻き立てられる映画でした。 意外な場所と意外な人が、思いもよらぬ関係で繋がっていき、物語が複雑に絡み合っている。 でも、難解なことはなく、ラストも面白い持っていきかたで終わります。 ラストシーンで、なるほどここに繋がるか。としっくりきます。 点と点が線で繋がってくのが気持ち良いい。 ピースがひとつづつはまってく快感がある。 こういう伏線回収が気持ちいい映画、嫌いではない。 かなりトリッキーな構成で、繋げ方が上手いです。 ちょっと「バベル」的な感じもした。 ただ、全体的に見ると、物語的にはもうあと一歩感じです。 あと、ひと押し、なにか盛り上げが欲しい。 丸く収まりすぎなんでしょうかね。 それに、突っ込みどころもかなりある。 さすがにこんな偶然、あるか!?ってなるわ。 登場人物に誰一人感情移入が出来ないんですよね。 そこ、大きいかも。 しかし、恋愛チャットにハマるミシェルというおっさんには突っ込みたくなる。 こんな人、多いのかな。 まあ、でも、気持ち、ほんの少しはわからないでもないか。 フランスの映画雑誌では「『羅生門』のような構成の『ハリーの災難』の“シリアス”版」と評しています。 たしかにその通りでした。 見終わって、この邦題の「悪なき殺人」というのがやたらしっくりきた。 これはもしかして原作、めっちゃ面白いのかもしれませんね。 ■興行収入予想 興行的には、現段階では上映館数7館と少ない。 アート系単館ロードショー作品です。 12月3日(金)からの公開中。 フランスでは 2019年12月4日公開。 製作費は500万ユーロ。 フランスでの興行収入は70万ドル。 全世界での興行封入は93万ドル。 と、ヒットとは言い難い数字。 ミニシアターランキングでは2位にランクインしています。 初登場圏外スタートでした。 最終興行収入は2000万円くらいか。 星4つ(5点満点) ★★★★

  • tak

    4.0

    報われない愛の物語。

    絶対に予備知識なしに観るべき映画。どこを切り取ってもネタバレにつながりそうなので、深く語ることは難しい。フランスの山間部にある村で起こる女性の失踪事件を発端に、登場人物たちが不思議なつながりを見せていく。 映画全体は4つのパートで構成される。それぞれの中心人物はアリス、アリスの不倫相手の農夫ジョセフ、パリから村にやってくるマリオン、そしてアフリカで詐欺に手を染め一攫千金を狙うアルマン。そこにアリスの夫ミシェルが絡んで、事態は複雑に絡み合う。イニャリトゥ監督の「バベル」を思わせる映画ではあるが、不幸な出来事の連鎖が観ていて辛かった「バベル」とは違って、失踪した女性の身に何があったのかをめぐる謎解き要素が軸になっているだけに、「そうだったのか!」と腑に落ちた瞬間の映画的興奮がある。 人間は「偶然」には勝てない。 劇中登場する人物の言葉だが、その通りかけ違えたボタンから始まる負の連鎖は、観る前に想像していたものを超えてくる。 でも、そうした映画の構成以上に重要なのは、この映画は報われない愛の物語だということだ。脚本に仕掛けられたテクニックを称賛する声は多いけれど、それぞれの行動の裏側の気持ちこそ訴えたかったところ。しかしながら、それぞれの登場人物が抱える気持ちは、理解に苦しむものばかり。なぜ愛してしまった?なぜ寄り添う?なぜ受け止めてくれない?なぜ執着する?なぜ、なぜ。人とのつながりってなんだろう。共感できないまでも、それぞれの切なさはじんわりと伝わってくる。 ドミニク・モル監督の「マンク 破戒僧」をたまたま今年観ている。同じ場面を繰り返すミステリアスな演出や、素顔の分からない存在が出てくるところには共通点あり。

  • dkf********

    5.0

    個人的2021年ベストはこれ!!

    年末ギリギリになって、なんとも凄い傑作がフランスから届けられた。ミステリーでは、ここ数年でベストかと思うほどの高い完成度に鑑賞後のカタルシスと満足感が半端ない。 主要な登場人物に共通するのは、いずれも愛を求めた者たち・・・彼らが「偶然のいたずら」に巻き込まれて謎が謎を呼び、点と点と点がキッチリ繋がるストーリーテリングの妙に120分見入ってしまった。 雪に閉ざされた銀世界がサスペンスと相性が良いことはこれまでいくつもの作品で証明されてきたが、本作もその定説を外さない。それと対極的なコートジボワールのシーンが出てきた時は一体どこに話が向かうのかと思ったが、あんな風に繋がるとは・・・ ラストのオチはちょっとやりすぎの感はあるが、この複雑に入り組んだストーリーを完成させるにはどのピースも必要不可欠と思えば無理なく腹に落ちるというもの。どうせ作劇するなら、ここまで作り込んだ方が面白い。 このクオリティにして上映館の少なさは本作にとっての悲劇だが、本作に漂う張り詰めた緊張感を劇場で体感してこそ、この極上のミステリーはさらに豊潤な味わいを増すはずだ。 2021年の個人的ベストワンはこれに決定!

  • nn1********

    4.0

    一口寸評

    19年の東京国際映画祭で観客賞と主演女優賞を受賞。 フランスの山間の町で、吹雪の夜乗用車から中年女性が失踪。 真相を辿るために、4人の視点(1人は捏造人物)による、男3人女3人計5カップルの物語が縷々語られていく。 我慢して最後まで観れば、アフリカの都市と繋がる運命の輪が完成、軽いカタルシスは得られるものの、この叙述形式は映画に対する忍耐力が試されるだろう。 鬼畜な男が3人、不倫ありレズあり、2匹のワンちゃんが被害に。 原作ミステリーの力が半分、監督は映画本来の旨味を引き出したと言える。 知った顔は、失踪した女性役のヴァレルア・ブルーニ・テデスキだけだったが、出てくる役者はみんな面構えが良く、いい配役だと思った。 なかでも、テデスキのレズ相手役ナディア・テレスツィエンキ-ヴィッツ(なんて長い名前だ)が主演女優賞(彼女を主演とするのは疑問だが)とな。 これが本当なら、出会い系サイトは怖く、あまりにも闇が深い。 評価は4.5★。

1 ページ/4 ページ中