2022年1月21日公開

声もなく

VOICE OF SILENCE

992022年1月21日公開
声もなく
3.9

/ 74

36%
31%
26%
4%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

鶏卵販売をしながら犯罪組織からの下請け仕事で生計を立てる、口の利けない青年テイン(ユ・アイン)と相棒のチャンボク(ユ・ジェミョン)。ある日、組織のヨンソクに依頼され、身代金目当てで誘拐された11歳の少女チョヒ(ムン・スンア)を1日だけ預かることになる。しかしヨンソクが組織に殺害されたことで、二人は図らずも誘拐事件に巻き込まれてしまう。そしてテインとチャンボク、チョヒによる疑似家族のような生活が始まるが、チョヒの両親から身代金が支払われる気配はなかった。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(22件)

切ない25.5%泣ける12.8%かわいい12.8%悲しい8.5%絶望的8.5%

  • yaj********

    4.0

    ネタバレ面白い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gahdfn

    1.0

    ネタバレ怖い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mai********

    5.0

    あの一瞬、確かに家族だった

    声もなく だからこそ救いを求めることもできず 兄貴分とのコンビでの汚れ仕事からの報酬が日々の糧を得るための手段。 本当ならもっと保護されてしかるべきだろう。 警官とも顔見知りのようだったから、コミュニティの中にはいたのかもしれない。 誰かが気にかけていたら、誘拐のような状況になってしまったことにも気づいてもらえて、早々に危ないことから離れられたのかもしれない。 それ以前に、汚れ仕事をする必要がなかったのかもしれない。 でもああやって生きるしかなかった。 でも、そんな彼も 押し付けられた感のあるあの少女との暮らしは 確かに家族の生活だった。 仲睦まじい家族の暮らし。 幸せってなんだかわからなかった彼にとって あの瞬間は先の不安はあっても幸せだったのでは? いつまでも続けて良い生活じゃなかったし 共倒れになってしまいかねない危うい環境。 ああするしかなかったのだろう。 逃亡者となってでも… 犯罪者と呼ばれても… 幸せだったんだ!と叫びたい思いも言葉にできず… 2022年2月26日シネマテークたかさきで鑑賞

  • kki********

    3.0

    子どもは怖い

    デジャブ感のある映画、子どもは無邪気であるがその反面、実は怖いとも言える。底面に流れているテーマと感じた。映像はとても綺麗です。満月の夜のシーンが特に。

  • int********

    5.0

    これは観て良かった!

    内容が自分が苦手な部類で観るのをためらっていたけど、どうしても気になって観た作品。 観て本当に良かった! ポン・ジュノの「ほえる犬は噛まない」を観た時と同じ様な感覚。 説明し過ぎずユーモアと毒気と不思議な軽やかさ。 細かな演出が素晴らしく画面的に美しい。 ホン・ウィジョン監督の今後に期待します。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
声もなく

原題
VOICE OF SILENCE

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日