レビュー一覧に戻る
オペラ座/血の喝采

オペラ座/血の喝采

TERROR AT THE OPERA/OPERA

95

一人旅

3.0

痛い!痛い!痛い!痛い!

TSUTAYA発掘良品よりレンタル。 ダリオ・アルジェント監督作。 オペラ座を舞台に何者かに執拗に命を狙われる舞台女優の姿を描いたホラー。 とにかく“痛い!”描写の連続。まばたきすると容赦なく目に突き刺さる針、切開手術のように体中切り刻んでいくハサミ。舞台女優の目と針のアップ映像は反則レベルの強烈な痛みを想像させる。そして音による演出・・・肉を切られる音、喉を貫く音、首に突き刺さる音、悲鳴、絶叫、不気味に鳴り響くカラスの鳴き声。アルジェントらしい直球勝負の恐怖演出が全編に冴えわたり、目だけでなく耳すら覆いたくなるような凄惨な映像と音に恐怖してしまう。 殺害場面に合わせてなぜか流れるプロレスの入場曲のようなハードな音楽は印象的ではあるがミスマッチで、急に殺人鬼VS座員の格ゲーが始まりそうな雰囲気になる(一方的に惨殺されるだけですが)。 鮮やかな色に光り輝くキッチンといったお馴染みのアルジェント独特の色彩感覚も見られ、生々しい残酷さの中に幾分の幻想的世界観を取り入れていることも特徴だ。

閲覧数1,323