ここから本文です

2021年12月3日公開

天才ヴァイオリニストと消えた旋律 (2019)

THE SONG OF NAMES

監督
フランソワ・ジラール
  • みたいムービー 4
  • みたログ 0

未評価

解説

35年前に突然消息が分からなくなった天才バイオリニストを捜すミステリー。主人公がロンドン、ワルシャワ、ニューヨークをめぐり、バイオリニストを捜す中で、彼が姿を消した理由が明らかになっていく。監督を手掛けるのは『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』などのフランソワ・ジラール。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどのハワード・ショアが音楽を担当し、『海の上のピアニスト』などのティム・ロス、『クローサー』などのクライヴ・オーウェンらが出演した。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1938年、ロンドンで暮らす9歳のマーティンの家に、ポーランド系ユダヤ人のドヴィドルがやってくる。同い年の二人は兄弟のように育ち、類まれなバイオリンの才能を持つドヴィドルは21歳でデビューコンサートの舞台に立つが、公演当日に行方不明になる。35年後、マーティン(ティム・ロス)は、ある青年のバイオリンの音色を耳にしたことをきっかけに、ドヴィドル(クライヴ・オーウェン)を捜そうとする。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ