上映中

GUNDA/グンダ

GUNDA

932021年12月10日公開
GUNDA/グンダ
3.8

/ 32

25%
41%
25%
6%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(13件)


  • すぴか

    5.0

    ネタバレラストの衝撃

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mai********

    4.0

    豚ではないけれど…

    ただいま野良猫でこの作品のような映像を自分の目で観ている。 母猫に連れられて3匹の子猫が餌を食べにきてからかれこれ1年。 小さな子猫がお互いに、あるいは母親にじゃれつきながら ご飯を食べ、庭先を走り回りしている姿を 可能な範囲で見守り続けてます。 大きくなった子猫が母親に甘えようとすると猫パンチ喰らったり 子猫を構おうと伸ばした私の手をひっかかれて 『痛っ!』って声出したら 『あんた何やってるの』とばかりに子猫をはたいた母猫の姿とか 親離れした子猫が一人で軒下に居座って 近所の飼い猫とケンカしたり そんな姿を可能な範囲で見つめています。 リアルドキュメンタリーを観ているからか 豚も猫も同じだなって感じます。 最後、子豚たちが連れていかれてしまった後 母豚が子豚の姿を探し回る姿は痛ましい気持ちになってしまった。 野良猫の方でも 新たに赤ちゃんを産んだ母猫がほんの少し目を離したすきに アナグマに赤ちゃんを襲われてしまうという悲しい現場にも遭遇した。 その時、翌日になっても、さらにその翌日になっても 赤ちゃんに返事をしなさいと呼びかけるように鳴く母猫の姿を見ていたので 『あぁ、一緒だ…』と。 だから この豚を可愛がることはできないから 自分は野良猫を可愛がってあげようと改めて思いました。 2022年1月22日シネマテークたかさきで鑑賞

  • hi4********

    2.0

    子豚がとても可愛かった

    ナレーションも字幕もBGMも一切無しという試みは意欲的だったが、登場するのが豚と牛と鶏だけでは流石に内容が薄かった。

  • nn1********

    5.0

    ネタバレ一口寸評

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • uzu********

    2.0

    これを映画と呼んでよいものかと…

    ある農場で、豚、鶏、牛などの家畜の生活を追った作品。 自分がその動物になったような視点のカメラワークは確かにすごいのだけど、音楽もテロップもナレーションも一切なしで一時間超はさすがにきつい。この作品がなにが言いたいのかわからない。撮りっぱなしで、あとはすべて観客に任せる、では映画と呼べないのでは…と個人的には思う。エンドクレジットをみて、こんな(と言っては申し訳ないのだけれど)作品にこんなにたくさんのスタッフが関わったのかと驚いた。 ただひとつ、改めて強く思ったのは、家畜であっても、生きている間は幸せに過ごさせてあげてほしいということ。地面を歩き、太陽の光を浴び、餌をついばみ、わが子と戯れる。そんな生き物らしい暮らしは奪わないであげてほしい。 「より安価に、より大量に」を求める消費者の意識が少しずつ変わることで実現すればよいなと思う。

  • koi********

    5.0

    哺乳類は感動できる映画。

    カメラもサウンドも最高です。 そしてありのままに生きる動物たちのアクションが至高です。 家畜としてヒトに慣れている動物でなければ、これだけ親密に撮ることはできなかっただろうなと感じます。 カメラの動物への距離感が一般的なネイチャー・ドキュメンタリーとは全く違うため、まるでヒューマンドラマを見ているような情感が全編に漂っていて、何度も泣いてしまいました。

  • mas********

    4.0

    ネタバレ子ブタの誕生と成長、そして。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • みーちゃん

    1.0

    駄作

    こんなの昼間のテレビでやれよって感じ お金払って見るもんじゃねー

  • nya********

    3.0

    難しいな批評するのは。

    物語、配役、演出、音楽は、擬人化も過剰な感情も入れることなく動物を撮影することに努めたんだから批評するのが難しい、(こういったドキュメンタリーでもどのような姿をどのように撮るかなど、演出はあるんだろうが) ただ不潔・汚わいともとれるものも含めて、モノクロの映像は美しい。 生命感、躍動感など、そりゃあるよ生きてるそのままなんだから。 カワイイも健気も可哀そうも、そう受け止められるのを拒否するようにつくったんだから、ただただ映像を脳に流し込むしかない。 頭をこねくり回して言葉を見つけようとするのも、製作者の意図からするとズレるのかな、まあ観客におまかせだろうけど。 みなさんもある種、何かを期待してご覧になられたと思いますが、いかがでしたでしょうか。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ“能楽”の様式に似ているなあ~

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • eri********

    4.0

    映画館で観て良かった

    白黒、音楽無し、ナレーション無し、字幕無し。 人間は登場せず、淡々と動物達の日常が描かれる。 作り手の主張を極力廃するようにしているようで、どう受け取るかは観賞した人次第。 退屈に感じる人は寝てしまう(ディスクや配信なら飛ばしてしまう)と思うので、大画面と音響の整った映画館の環境で味わえたのは良かったです。

  • yow********

    5.0

    ネタバレ産まれた時から闘いは始まっている

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cas********

    4.0

    子豚かわいい(^^)

    モノクロでBGMもナレーションも無し。 豚の母子をメインに農場の様子をただ淡々と映すだけの作品。退屈といえば退屈なんだけど、映像と音像の精緻さが凄くて見てられるんだよねえ。 モノクロなのに色があるように感じる時があるし、すごく小さい音を拾いつつ環境音と自然にミックスしてるのも感心した。 観客がそれぞれに物語を見出すのかな。 押し付けがましいメッセージ性が無いのもすごく良い。 子豚めっちゃ可愛かった(^^)

1 ページ/1 ページ中