2021年11月12日公開

SAYONARA AMERICA

832021年11月12日公開
SAYONARA AMERICA
4.2

/ 28

46%
32%
18%
0%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

はっぴいえんどや YELLOW MAGIC ORCHESTRA などで活動し、2019年に音楽活動50周年を迎えた細野晴臣。松田聖子や中森明菜などへ楽曲を提供したり、第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『万引き家族』のサウンドトラックを担当したりするなど、さまざまな活動に取り組んできた細野が、同年、初のアメリカでのソロライブを開催した。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(10件)

かっこいい37.5%楽しい25.0%かわいい8.3%コミカル8.3%知的8.3%

  • mai********

    4.0

    音楽家は歌ってこそ&演奏してこそ。

    それが次のアイディアになり それがスタンダードナンバーへの一歩になる。 こんな風に細野さんの音楽をアメリカの人々が楽しんでくれてる。 あぁ…やはり音楽には国境も人種も存在しないんだなと改めて感じさせてくれる。 その1曲1曲に自分なりの趣向を凝らし あるいはリスペクトの思いを込めて 歌い継がれていく…演奏され続けていく。 GHQと共に入ってきたジャズやカントリーが 細野さんという音楽家の手により新たな一面を見せ それが音楽の故郷の人々を熱狂させていく。 コロナウィルスがなければまた歌いに行くのでしょう。 その地で新たな発見をして また新たな音楽が産まれていく。 歌ってこそ…演奏してこそ新たな何かが芽生えるのでしょう。 ウィルスは細野さんの進化すら止めてしまっている。 早く克服される日が来ることを… 2021年12月4日シネマテークたかさきで鑑賞

  • pip********

    5.0

    強烈な癒し

    全く意図してないと思うけど、コロナ禍が続いて疲れた週末にぴったりの、強烈な癒しを感じました。ヨーダのフォースなのかな。

  • bon********

    5.0

    ネタバレ幸せな時間をありがとう!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • t_y********

    4.0

    観ることが出来、何より聞けて良かった

    YMOのファンだった私。 散開後の細野さんの動向が知りたい。 ずっと願っていた所に本作を知りました。 これは鑑賞しなくちゃとニコニコ。 そして細野さんの音楽を体感し、世界中にファンがいるんだ!と感心。 ほのぼのとしっとりと、心を満たした時間でした。

  • mas********

    4.0

    飄々。

    細野さんがコロナ禍で「もう2年もギター弾いていないよ」というのに驚いた! 常に何かしらオンガクしていると思っていたから。 一つのジャンルにこだわらない、その時々に惹かれるものを楽しんでいる。 いろんな音を網羅している。 そんなスタンスがアメリカでのファンにも刺さるのでしょう。 アメリカでは、どれだけ認知度があるのかは、あんまりよく分からないけど。 すんごく、楽しみにしているフアンがたくさんいるのが映像で分かる。 開場を待つ人たちの楽しげな様子が物語っている。 YMOの時は未来の音楽だ!!!と小学生の時に電気GROOVEと同世代の私も思った。 はっぴいえんど、の人だったんだ!と知るのがだいぶ後のこと。 沖縄だった時はまるで仙人のようだわーと思った。 ※そういえば先日、細野さん?にしては声が若いなーと思った人がラジオで話していて、それが宮沢和史さんであった。(笑)私の中でいい声の波長がシンクロしている? 飄々と自分のリズムであり続けている。 自分が好きな音楽をリスペクトしている。 そんな細野さんのツアーの様子が垣間見れてよかったです。 今回水原希子ちゃんがちょっとだけで安心しました。 前回、不評だったから。。。(苦笑)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
SAYONARA AMERICA

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日