レビュー一覧に戻る
ナイトメア・アリー
2022年3月25日公開

ナイトメア・アリー

NIGHTMARE ALLEY

1502022年3月25日公開

ぬまつ

5.0

最後までしたことないの

このジャンルで2時間半長いなぁ。そんで淡々と進むなぁ。面白くなるのかなぁこんなので。と思ってたら終盤怒涛の展開でちゃんと面白かったです。 前半の、お前ら処分する!からお母さんが見てくれてるよで形勢逆転する展開は安いコントのようでちょっと引きましたが。 いきなり変人が出てくるとか前作「シェイプ・オブ・ウォーター」とけっこう被りますね。 この監督は相変わらずキレイっぽく見せかけておきながら実際かなり生々しくてグロくて汚くて、性的なシーンも合わせて中学生以下の子たちには見せたくないですね。 いきなり動物が絡んだ衝撃なシーンもあるもんだから、まいっちゃうね。 前半はブラッドリー・クーパーにトニ・コレットにウィレム・デフォーにルーニー・マーラにロン・パールマン。 後半はうち2人だけ残って、ケイト・ブランシェットにリチャード・ジェンキンス。 主人公は最初、この人喋れないキャラなのかと思った。劇中タバコ何十本吸ったよ。 ケイト・ブランシェットはケイト・ブランシェットそのものだった。 「キャロル」が懐かしいルーニー・マーラとの共演。ルーニーさんに「最後までしたことがないの」とか言われたら、あ、ありがとうございます!失礼します!ってなるね。 急に軽率にやらかしたあと、ひと段落のあとのビンタがそりゃそうよでしたね。 荒れ果てた最後はアンタ誰状態だった。 この終盤の追いかけっこも前作シェイプ〜を思い起こすような。ラストは正反対というか、美しさのカケラもなかったですけどね。 でも自分は今作のほうがちょっと上回りました。音楽が上手だった。 後半、その怒涛の展開に入る直前くらいに、メチャクチャ急に不意を突かれてびっくりするシーンがあります。あれ心臓に悪かった。

閲覧数4,354