レビュー一覧に戻る
ナイトメア・アリー
2022年3月25日公開

ナイトメア・アリー

NIGHTMARE ALLEY

1502022年3月25日公開

nn1********

5.0

一口寸評

監督の代表作といえば、『シェイプ・オブ・ウォーター』(17)だろうか。 半魚人と発話障害のある女性との恋愛劇。 彼の作品には、常に異形の者たちへの愛が溢れている。 流れ者のスタン(ブラッドリー・クーパー)は、雇われた見世物小屋で覚えた読心術のトリックを武器に、一座の女モリー(ルーニー・マーラ)とショービジネスの世界に打って出る。 天性の勘の良さでのし上がり、女性心理学者のリッター博士(ケイト・ブランシェット)と共謀し大物(=大金)を狙うが…。 原作は古いノアール小説だそう。 おどろおどろしい見世物小屋の造形を中心に、1940年前後の田舎町と都会の風景の再現度に溜息する150分。 ただ、人間心理の怖さや脆さ、因果応報を説く古色蒼然とした物語が、今の世にリンクするかどうかはまた別問題だ。 彼の作品自体が、いつも見世物小屋と化していることは言うまでもない。 評価は4.5★。

閲覧数2,614