レビュー一覧に戻る
ナイトメア・アリー
2022年3月25日公開

ナイトメア・アリー

NIGHTMARE ALLEY

1502022年3月25日公開

moritama

4.0

正に悪夢とはこういうこと

見終わって、なんと救いようのない話と、どんよりとした気持ちになったのだが、 時間が経つにつれ、逆になんと映画然とした映画なのだろうと思うに至る。 冒頭、遺体のようなものを床下に隠し、家に火をつけて逃亡。 この主人公スタンが流れ着いたのはカーニバルの見世物小屋の仕事。 ここでの仕事に着いても、家に火をつけ逃亡した過去の悪夢に悩まされるのだが、 読心術のショーを行う夫婦からノウハウを習い、恋に落ちた電流美女のモリーと独立し2年後には一流ホテルで読心術ショーを行うまで成功を収める。 そこで出会った精神分析医のリリスに誘われ大富豪を読心術騙して大金をせしめてから悪夢が始まる・・ 金に目の眩んだペテン師の末路と言ってしまえば救いようがないが、 映画の時代設定、カーニバルのおどろおどろしい美術設定やアールデコの豪華な富豪の屋敷、雨、雪、嵐のシーンなど計算され尽くしたシーンの数々が見事。 これぞ、ギレルモ・デル・トロ監督の世界観で一つの世界を確立した感がある。 決して飲まなかった酒をリリスにすすめられて飲んでしまってから一線を超えてしまい、悪夢が始まるところが象徴的。 人を殺めてしまったものの末路 人を騙すものの末路、 嘘つきの末路、 金に目が眩んでしまったものの末路、 それは悪夢としか言いようがない。 2022.4.5 TOHOシネマ六本木 スクリーン9

閲覧数4,491