2022年1月14日公開

ハウス・オブ・グッチ

HOUSE OF GUCCI

PG121592022年1月14日公開
ハウス・オブ・グッチ
3.9

/ 874

23%
48%
22%
4%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

貧しい家庭出身の野心的なパトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ)は、とあるパーティーで世界的ファッションブランド「グッチ」創業者の孫であるマウリツィオ・グッチ(アダム・ドライヴァー)と出会う。互いに惹(ひ)かれ合うようになった二人は、周囲の反対を押し切って結婚。やがて、セレブとしての暮らしを満喫する彼女は一族間の確執をあおり、グッチ家での自分の地位を高めブランドを支配しようとする。そんなパトリツィアに嫌気が差したマウリツィオが離婚を決意したことで、危機感を抱いた彼女はある計画を立てる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(205件)

ゴージャス20.3%切ない12.2%セクシー11.0%悲しい8.3%知的7.2%

  • m11********

    5.0

    金、名声、富、欲、愛憎。 みーんなドロドロしてて最高だった!

  • bor********

    3.0

    アダム・ドライバー、ハマり過ぎ

    ガガ、アル・パチーノがイマイチ感あるし、ストーリー的にも観る人が思い描く方向に進んでくのでアレなんだけど、とにかくアダム・ドライバーがもうハマり役過ぎてすべてが許せる。

  • kin********

    4.0

    ネタバレ誇りと伝統を失ったイタリア人たちの嘆き

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • やふたろう

    2.0

    アンビリーバボー

    の方が楽しかったぞ。

  • oce********

    4.0

    グッチ家の崩壊

    今は完全にブランドを確立させているグッチ。 そのグッチ一族の泥沼を描くドラマ。 外界から嫁を迎えるという立場になるマウリツィオ。 熱烈なアプローチを浴びせるパトリツィアとゴールインするのだが、次第に一族に対し我を通し始める。 いわゆる結婚した相手が上昇志向の持ち主だったという運の無さ。 家族は次々と経営権を手放されるが、マウリツィオは離婚を突き付け一族から離れさせようとする。 これだけ波乱だとドキュメントでもおかしくない。 それでも映画としてはエンタメに溢れており、2時間半なのに全く長く感じない。 リドリー・スコットの見せ方がいいのだろうし、レディー・ガガをはじめとした役者陣に釘付けにさせる。 アダム・ドライヴァーは相変わらず上手いし、アル・パチーノはゴッドファーザーの成れの果てのような。 そしてジャレッド・レトの大変身。 言われないと絶対に分からないほど。 実在の人物だらけだが、今となってはグッチの経営権に家族は誰もいない。 トム・フォードなども事実と違うと反論していたが、これだけ下世話で泥にまみれたやり取りは、映画でなくて何になるのか。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

NY批評家協会賞第87回

女優賞

基本情報


タイトル
ハウス・オブ・グッチ

原題
HOUSE OF GUCCI

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル