レビュー一覧に戻る
ハウス・オブ・グッチ
2022年1月14日公開

ハウス・オブ・グッチ

HOUSE OF GUCCI

PG121592022年1月14日公開

kin********

4.0

豪華メロドラマ

レディー・ガガ、ハマり役です。鼻っ柱が強く、超上昇志向のイタリア女は本人のキャラとかなり近いのでしょう。一方、アダム・ドライヴァーはあまりイタリア系にも、強かな内面を持つようにも見えませんでした。他キャストは皆さすがの好演だと思います。  ストーリーは権威ある商標をめぐる権謀術数うずまくメロドラマ。今や巨匠と言うしかないリドリー・スコットの演出は手堅く、人物の心情に迫っています。セックス描写は結構濃密、巨匠はそっちもまだまだ現役だぞ、と胸張ってるのでは? なんて邪推をしてしまいました。そして次のカットではもう結婚式というスピード感。配信による公開が大きなウェイトを占めるようになって、ダレ場というものが映画から消滅したように思います。その分情緒もなくなり、オールド映画ファンとしてはちと寂しいですが。  見終わって、リドリー・スコットって、なんだか溝口健二みたいになってきたな、という気がしました。溝口作品は徹底したワンシーンワンカットで、必然的にただ風景を写したようなつなぎのカットがない、ひたすら人物を追う、そんなところに共通点を感じました。人物造形の深さは遠く及ばないと思いますけど。

閲覧数3,091