2022年1月22日公開

三度目の、正直

1122022年1月22日公開
三度目の、正直
3.1

/ 8

25%
25%
13%
13%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

神戸に暮らす、月島春(川村りら)。パートナーの連れ子・蘭がカナダに留学したのを機に、えも言われぬ寂しさを感じるようになっていた彼女は、公園で記憶喪失の青年と出会う。自分の子のように思っていた蘭もおらず、流産した過去のある春は、青年との出会いに運命を感じて彼の面倒を見ようと決意。一方、春の弟・毅は、精神に不安を抱える妻の美香子に4歳になる子供の育児などを任せ、音楽活動に打ち込んでいた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(1件)


  • ********

    4.0

    育てたい女の狂気

    2021年。野原位監督。神戸で暮らす女性は精神科医の男性と8年間の事実婚状態で男性の娘とも理解しあっていたが、娘の成長と留学を期に男性との関係に戸惑いを感じ始めた矢先に別れ話を持ち出され、そのころたまたま助けた見知らぬ青年を「息子」として一緒に暮らそうとする。一方、女性の弟のライブミュージシャンはその妻との間に一子を設けてうまくいっているようだったが、徐々に妻の様子がおかしくなっていく。二組の家族の行方は、見知らぬ青年と女性の関係は、、という話。 まず「ハッピーアワー」の出演者が大挙して出演していて懐かしい。しかも年月相応に役柄も老けている。こういう「続編」(と勝手に位置付け)もあるんだなあ。しかし、「前作」(とあえて言う)が醸し出していた「はっとするような一瞬のリアルさ」のようなものはなくなっている。やはり、見知らぬ青年を「息子」とするストーリーが力強い心理的因果関係になっているからだろうか。子供を産めなかった女性が補償として別の子育てに執着する、みたいな。「狂気」というほどわけがわならないわけでもないところに納得感がひろがってしまう。または、ひとつひとつの会話が短いせいで「リアル」が出てくる前に展開してしまうからだろうか。または、「前作」の出演者のなかでも特に心が揺れやすく不安定な女性2人をメインに据えていて話が単調に流れがちだからだろうか。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


川村りら月島春
小林勝行月島毅
出村弘美月島美香子
川村知月島生人
田辺泰信野田宗一朗
謝花喜天大藪賢治

基本情報


タイトル
三度目の、正直

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル