2022年3月4日公開

あしやのきゅうしょく

862022年3月4日公開
あしやのきゅうしょく
3.8

/ 14

29%
43%
14%
7%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

兵庫県芦屋市の小学校で勤務することになった栄養士の野々村菜々(松田るか)。前任の立山(秋野暢子)から給食のイロハを引き継ぎ、予算や生徒が抱えるアレルギー、宗教上の問題などをクリアして、おいしい給食を提供しようと張り切るが、生徒の反応はいまいちだった。菜々は子供たちと直接会って給食の感想を聞き、彼らの苦手な食材があっても受け入れられるメニューを作る。やがて1年が過ぎ、生徒たちは菜々をはじめとする給食の先生にある思いを伝えようとする。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(3件)

楽しい33.3%泣ける16.7%不思議16.7%切ない16.7%知的16.7%

  • mas********

    2.0

    ドキュメンタリーだったらよかった?

    えええーっと。まず、栄養士だからか前髪もしまわないで給食室にいるのはどういうことかしら?って思ってしまいました。 ネット被るのだって、給食に異物(髪の毛)混入防ぐためだよね。 主人公の女優さんがおでこ出すの嫌だったのかなー、っと思ってしまったよ。 変にドラマを描こうとしないで、実際の小学校の給食の在り方をドキュメンタリーで観たかったかな。 転入生の男の子と、イギリスに行ってしまう同級生の女の子のエピソードも薄いし。 でも。お豆腐屋さんの心意気が素敵でした! あー、お豆腐屋さんのお豆腐食べたいな! 個々の学校の給食の在り方はフランスの食に通じるかも? マイケル・ムーアの映画であったよね? フランスの小学校のお昼時間に突撃して、アメリカのランチBOX見せてばかにされていた!

  • xws********

    5.0

    小学生と観て、面白い映画でした!

    市の記念事業作品と聞いて、あまり期待なく観に行きましたが、秋野暢子さんなどキャストの方の演技もよく伏線も多くて引き込まれました。 さりげなく市や綺麗な景観を紹介しつつ、リアルな子供社会や学校の給食室で働くバラエティ豊かなメンツに調理実態、栄養は勿論、食材仕入れや予算など社会教育や食育になる映画です。

  • 宍戸敏生

    1.0

    何を伝えたいのかが不明

    波もなく、特に盛り上がることもなくエンディングとなりました(笑)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
あしやのきゅうしょく

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル