2022年1月7日公開

こんにちは、私のお母さん

HI, MOM

1282022年1月7日公開
こんにちは、私のお母さん
4.2

/ 117

49%
26%
19%
5%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

高校生のジア・シャオリン(ジア・リン)と、母のリ・ホワンイン(チャン・シャオフェイ)は、ジアの大学合格パーティに出席する。ジアは母を喜ばせたい一心で一流大学の合格通知を偽造し、そのことがバレてパーティーは散々な結果に終わる。自転車で家に帰る途中、二人は交通事故に遭い、病院で意識のない母に付き添っていたジアが目を覚ますと、1981年にタイムスリップしていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(32件)

泣ける20.4%笑える18.6%切ない15.0%楽しい11.5%ファンタジー9.7%

  • bal********

    2.0

    ちょっと無理。

    始まるなり女子高生役がおばさんで、 まったく感情移入出来ずにセリフもユーモアも戦時中かと思うほど古めかしくて参った。 社会主義の国が作った感が満載で、 これまで多くの中国の名画を観て来たが、 正直今後の中国のエンタメ界が心配になるほどだった。 展開も唐突過ぎて社会主義の教育ビデオかと思った。 純粋で何を観ても感動する人にはオススメしますが、個人的にはちょっと無理でした。

  • sun********

    5.0

    心が温かくなり、やがて涙ぼろぼろ。超おすすめ映画

    『こんにちは、私のお母さん』は、素朴ながらハートフルで感動的なタイムスリップものコメディー映画でした。 今年観た中では、今現在のマイベスト映画です。 韓国映画「ハローゴースト」的な、そうくるか!といったグッとくる展開後の終盤は涙ぼろぼろ&嗚咽とまらず‥‥。 今は大阪東京2館程度で短期開催『中華映画電影祭』内の一本としての上映ですが、心が温かくなり、やがて泣ける、超おすすめ映画です。 中盤までの、なんとなくだらっと笑って中途はんぱ感いっぱいから大逆転の感涙ストーリーは、同じ中国本土の大催涙弾映画『幸せの絆』と自分の中では両横綱のランクイン評価です。  DVD も即予約しました。ほんとオススメです。

  • tah********

    5.0

    ネタバレ原題「你好,李煥英」にすべてが表れています

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kay

    4.0

    期待値が大きすぎたかな

    若い時のお母さん、誰かに似てるって思いながら見てた・・・ 遥洋子?三田佳子? それなりに楽しめたけど、期待が大きすぎたかな。 もっと大泣きするかと思ったけど、そうでもなかった。

  • takirentacar

    4.0

    泣きました

    映画を観て久しぶりに泣きました。私も医師から母に残された時間を告げられて心の準備はしていたはずなのに臨終の間際には号泣しながらずっと手を握っていました。誕生日は産んでくれた親に感謝する日だと聞いたことがあり、自分の誕生日が近い時にこの作品を観られたのは何かの縁かな ?もうすぐお彼岸。お墓の前なら「産んでくれてありがとう」と素直に言えます。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


ジア・リンシア・シャオリン
チャン・シャオフェイ若き日のリ・ホワンイン
シェン・トンシェン・クアンリン
チェン・フーロン・ター
リウ・シアリ・ホワンイン

基本情報


タイトル
こんにちは、私のお母さん

原題
HI, MOM

上映時間

製作国
中国

製作年度

公開日