2022年1月14日公開

アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド

ICH BIN DEIN MENSCH/I'M YOUR MAN

PG121072022年1月14日公開
アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド
3.7

/ 69

10%
51%
35%
4%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ドイツ・ベルリンのペルガモン博物館で働く学者アルマ(マレン・エッゲルト)は研究資金を得るため、とある企業の極秘実験に参加する。彼女の前に現れた美青年のトム(ダン・スティーヴンス)は、全ドイツ女性の恋愛データだけでなく、アルマの性格や好みに完璧に合うよう設計された高性能AIアンドロイドだった。トムはAIがはじき出すデータを駆使し、つらい過去から恋愛を遠ざけてきたアルマにアプローチを仕掛けていく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(16件)

ロマンチック13.1%切ない9.8%知的9.8%悲しい8.2%ファンタジー8.2%

  • dem********

    3.0

    ネタバレもう少しテーマを深堀りできた気もする。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mnk********

    3.0

    惨めな愛の貧しい人間人生のおハナシ

    女性の葛藤ファンタジー。 こじらせています。 なんかセコい、面倒クサいファンタジー。 バイブだけでは物足りず、いざ人型ロボットが現れても、 動揺の連続。 もともと、この主人公には愛がない。 高齢の父親を独りにして自分の至らない学問に熱中する ことが人生だから。 この映画は女性のファンタジーAV映画。 ダン・スティーヴンスが美しいだけが救い。 我が国は子供の頃からドラえもんというロボットがファン タジーにあった。 国民的人気のあるロボットである。 ファンタジーだが、愛がある。 創作の二次元であっても愛はあるのだ。 愛すらない世界の人間がロボットを困らせて、どうする? 残念な人間の、その不満をロボットに八つ当たりして、 どうする? そんなことすらも分からない学者の、哀しい生命が 浮き彫りにされて、惨めでしかなかった。

  • zud********

    4.0

    相変わらずカッコいい

    ダン・スティーブンス、「ザ・ゲスト」の頃から注目してきたけど、相変わらずカッコいいです。イギリス人なのに、ドイツのアンドロイドを完璧に演じていました。映画の方もじんわりといろいろ考えさせられる映画でした。

  • mat********

    3.0

    人それぞれ

    理想の男性として設計されたアンドロイドと本気の恋愛ができますか?という作品。 興味深く観たけど、可もなく不可もないという感じの普通の映画。 アンドロイドと本気の恋愛ができうるかどうかは人それぞれってこと。 そりゃそうだ。 どんなにハンサムでもハゲは絶対に嫌という女の子もいれば、髪の毛の有無なんて関係ないという女の子もいる。 オヤジは生理的にダメという女の子もいれば、年齢なんて関係ないっていう女の子もいる。 正解なんてない。人それぞれ。 ただ、接しているうち、時間の経過とともに慣れてくる、というのはあるようだ。 そういうお話。 だからどうした?みたいな後味も残るかな。

  • Yuri

    4.0

    スティーブンスのロボットぶりが圧巻

    ロボットとの恋をコミカルに描きつつも、女性のキャリア、孤独や老いなどさまざまなテーマが見え隠れする。 スティーブンスの演技が終始素晴らしく段々とロボットにしか見えなくなってくる。 はじめは自分に好かれるようプログラミングされた彼の言葉や行為が空回りするが、徐々に彼の一途さにヒロインが絆されていく。 ストーリーでは相手はロボットだがこれは人間でも同じ。相手の好みに合わせてしたことがうまく噛み合わないことも多々ある。それでも自分をずっと思い続けてくれるベタでも絶対的な安心感を人は求めているのだろう。 楽しみつつも意外といろいろ考えさせられる映画。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ベルリン国際映画祭第71回

銀熊賞(主演賞)

基本情報


タイトル
アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド

原題
ICH BIN DEIN MENSCH/I'M YOUR MAN

上映時間

製作国
ドイツ

製作年度

公開日