レビュー一覧に戻る
仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ
2021年12月17日公開

仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ

972021年12月17日公開

ヤススケ

5.0

ネタバレ親子愛がメインの人間ドラマ

これまで仮面ライダーのムービー大戦シリーズを多く観てきましたが今回の映画は古田新太さんと中尾明慶さん演じる百瀬親子の人間ドラマが多くちょっと子供達には難しいと思います。もちろんライダーのアクションもありますが結構大人向けな作りで楽しめました。特に良かったのはやっぱり古田新太さんの落ち着いた名演技と藤岡真威人さんの本郷猛が最初ちょっとどうかなと思っていたんですが予想外に良くてやっぱり藤岡弘さんの俳優の才を受け継いでいるんだなと思いました。また1号ライダーのアクションシーンに流れるBGMが菊池俊輔先生風で格好良くラストのマスクオフの本郷猛も良かったです。ストーリーもリバイス本編と連動しているようでフェニックスとショッカーの因縁もこれからどうなるのか気になります。ただ過去と現在と未来の三つの時代のストーリーがやや複雑でご都合主義な感じがありました。あと敵のクリスパー達とショッカー幹部、ライブとジャンヌの出番が少ないのが残念でした。立木文彦さん演じるショッカー幹部は存在感があってまたクリスパー達も個性溢れる魅力的なキャラクターでベテラン声優の方々が演じていたので退場が早かったは勿体ないですね。またラブコフも出てほしかったですね。それ以外はさすが50周年記念映画にふさわしい内容と豪華なゲスト出演者でこれまでの仮面ライダー映画とは違う意欲作だったと思います。

閲覧数1,261