映画妖怪ウォッチ♪ ケータとオレっちの出会い編だニャン♪ワ、ワタクシも~♪♪
3.0

/ 3

33%
0%
0%
67%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ある夏の日、小学5年生のケータこと天野景太はウィスパーという名前の妖怪と出会う。ウィスパーから妖怪を見ることができる不思議な腕時計「妖怪ウォッチ」を受け取って以降、ケータの日常は激変する。実は、街のあらゆるところにさまざまな妖怪たちが存在していたのだった。朝起きるのが苦手なことや、急に空腹になってしまうなど、日常的にあるちょっとしたトラブルは、全て妖怪たちが引き起こしていたことをケータは知る。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(2件)

泣ける50.0%コミカル50.0%

  • lei********

    2.0

    初めからのファン(?)であれば知ってる話

    公開2週目に、中学生の娘の希望でわざわざイオンシネマに 観に行ってきました。 レビュータイトルにあるとおり、当初からのファンであれば 当然知っている初めのエピソード部分の映画なので、 別の方のレビューの通り、公開した目的が全く分からない作品です。 2年前の映画「映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか」を観て 私が書いたレビューを見返してみると、 >なじみのキャラも全く出ず、なんとか面白い(?)ものを >つくろう、なんとか妖怪ウォッチの延命を…、と >考える制作側の必死さが伝わりますが、それが >全く面白さにつながっていない、・・・ >・・・ >もう一度、一作目の原点に戻ってみるのもいいのではないかなぁ。 とは書きましたし、多くの方が同じように思われたかも しれませんが、今回の作品をみて、 「その戻り方じゃないだろう」 「いくら何でも原点に戻りすぎだろう」 と、映画を観た方は、ほぼこの様に思われたのではないでしょうか。 この作品の目的は、妖怪ウォッチのブームが完全に終わり、 対象年齢の人が世代交代した今、新たな世代に対して、 イチから見てもらうきっかけにしようとしたのではないか、 そうに違いない、と感じました。 ブームの時に小学校高学年やってたと思われる高校生の 男の子2人組がいてましたが、少し気の毒になりました。 200人キャパのシアターで10人ちょっとしか入っておらず、 「妖怪ウォッチ」というコンテンツの完全な終焉を感じました。 それでも、かつては熱心にゲームにアニメにいそしんでいた娘は 「いろいろ細かいところがよかった」と言っていましたが…。

  • aip********

    2.0

    ガッラガラ♪

    土曜日の10:00台の上映回を見ましたがお客さんが自分らと他の親子連れの5人だけ・・・(2ファミリーだけ) 平日でもお目にかかれない少なさでしたね。あの初動日本記録を持っていたコンテンツなのにどうしてと言わんばかりでこの回とあと12時台しかないのにアニメの焼き増しでも赤字になるでしょうね。 まぁアニメの感動エピソードの焼き増しなので良しも悪しも言えないですね。本当に今回は何を目的に映画したのかが疑問符がつきますね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


戸松遥ケータ
関智一ウィスパー
小桜エツコジバニャン
遠藤綾コマさん
奈良徹クマ
佐藤智恵カンチ

基本情報


タイトル
映画妖怪ウォッチ♪ ケータとオレっちの出会い編だニャン♪ワ、ワタクシも~♪♪

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日