2022年1月21日公開

シークレット・マツシタ/怨霊屋敷

SECRETO MATUSITA/THE SECRET OF EVIL

772022年1月21日公開
シークレット・マツシタ/怨霊屋敷
2.5

/ 8

13%
13%
0%
63%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

2013年9月、ペルーの首都リマ。かつて日系人一家が住んでいたものの、ある凄惨(せいさん)な事件の現場となり、数々の超常現象が目撃される幽霊屋敷となったマツシタ邸に撮影クルーが潜入するが、こつ然と姿を消してしまう。それから6か月後、彼らが記録したと思われる映像データが発見されるが、その中には失踪事件の恐ろしい全貌が収められていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(3件)

不気味33.3%恐怖33.3%絶望的33.3%

  • ホラーに甘く、邦画に厳しく!

    1.0

    南米で失神者続出!?ペルー産POVホラー

    お馴染みPOVホラー。 今どき素人でもしないぐらい、画面ブレブレ。 胡散臭い霊媒師(意外に活躍?)も揃ったところでいざスタート。 警備員に「俺を撮るな!」と怒られる。 ↑ もはやPOVホラーの通過儀礼。 ここまでくると逆に安心感が生まれる。 ところどころ入る映像ノイズがわざとらしい。 20分ぐらい飛ばしたいところですが、ここはPOVホラーにとって一番大事な場面。我慢しましょう。 いざ屋敷に入ってからは··· おでこに漢字の"死"の文字。こんなに分かりやすいホラーが今まであったでしょうか。⭐️1

  • ron********

    2.0

    いわゆるPOV方式ホラー。正直、つまらん。

    ペルーの首都リマに住んでいた日系人家族にまつわる怨霊伝説を基に映画化し、公開時には南米で失神者を続出させた戦慄のホラー作品。 日本人一家がかつて住み、数々の超常現象が目撃されている実在の“マツシタ邸”を舞台に描く<日系ペルー・ホラー>。 屋敷に潜入して消息を絶った撮影チームの失踪の謎が、残されたビデオデータから明らかになる。 そこには信じられない出来事の全貌が記録されていた。。。 2014年、ペルー全土150館で公開され、興行成績初登場第1位を記録。 監督・脚本・製作総指揮はペルーの大ヒットホラー映画「へネラル・セメンタリー」などのドリアン・フェルナンデス=モリス。 共同脚本に、パコ・バルダレス、ウルスラ・ビルカ。 出演は、ブルーノ・エスペホ、ルピタ・モーラ、エドゥアルド・ラモスのほか、ウィリー・グティエレス、ミゲル・ルデオンなど。 原題「SECRETO MATUSITA」 2014年作品 ペルー映画 配給はTOCANA 上映時間77分 日本の呪いがペルーに! まあ、普通に怖かったけど。。。 ドキュメンタリータッチの描き方が怖さをそそるけど。。。 ただ、物語というものはほぼなく、ホラーバラエティのような内容です。 こういうのが嫌いな人にはダメですね。 ちゃんと物語がないとと思っている人には不向きです。 でも、ちゃんと怖いシーンもあります。 スペインの「REC」や韓国の「コンジアム」などとプロットが基本的に同じです。 いわゆるPOV方式ホラーですね。 なので、目新しさはないですね。 これがお好きならそこそこ楽しめるんじゃないでしょうか。 前半は、日本のホラー映画っぽくて、出そうで出ないで焦らしてきますが、後半はアメリカのホラー映画のように過剰な演出でした。 個人的にはこの後半で冷めてしまった。 あ、やっぱり作られたものなんだと。 今作の予告編が結構怖くて、最後に「ラスト15分、あなたは映画史上最もおぞましい超常現象を目撃する!」ろいう<警告>が映し出されるのに続き、衝撃的な場面で終了する。 これでかなり楽しみにしていた作品。 でも、観てみるとそれ以上でも以下でもなかった。 なんだったら予告編がの方が怖かったかな。 しかし配給のTOCANAのハッタリCMには毎回騙されているような気がする。 これは、若い子が友達と集まって、家とかでワイワイキャーキャー観ながら怖さを楽しむ映画ですね。 ■興行収入予想 興行的には、現段階では上映館数50館と少ない。 1月21日(金)からの公開。 同日の公開作品は今作の他、「コーダ あいのうた」、「真夜中乙女戦争」、「ブラックボックス:音声分析捜査」「ゲームボーイズ THE MOVIE 〜僕らの恋のかたち〜」、「さがす」、「でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード」など。 ペルーでは2014年に大ヒットしています。 興行収入は不明。 ペルーの映画なので、ヒットになるのは難しいか。 ミニシアターランキングで上位に入ってほしいですね。 初登場圏外スタートと予想。 最終興行収入は2,100万円くらいか。 星2つ半(5点満点) ★★☆

  • zer********

    2.0

    万国共通幽霊屋敷

    なんとか怖がらせたい演出は万国共通なんだな〜と言う印象。 ドキュメントぽい作りで90分でも長く感じた。 普通…です。 妙に日本に寄せて漢字や日本刀出て来ますが ジャパニーズホラーに寄せると怖いと思うペルーの人々なのか? 不自然さしか感じなかったが。 あと言語が英語ではなく、強い語尾でとても聞きにくかった。 耳馴染みのない言語はこんな風に感じるのだな、とか異文化を味わえました。 至って普通の幽霊屋敷でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
シークレット・マツシタ/怨霊屋敷

原題
SECRETO MATUSITA/THE SECRET OF EVIL

上映時間

製作国
ペルー

製作年度

公開日

ジャンル