ここから本文です

ONE FOUR KENGO THE MOVIE ~憲剛とフロンターレ 偶然を必然に変えた、18年の物語~ (2021)

  • みたいムービー 7
  • みたログ 15

4.80 / 評価:15件

地方再生のヒントがある映画

  • yuz******** さん
  • 2021年11月14日 10時21分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

川崎のバンディエラ、フロンターレのレジェンド フットボーラー中村憲剛の選手生活18年の足跡を過去の映像、関係者のインタビューで構成されたドキュメンタリー映画。プロ野球チーム、Jリーグチームと過去にプロスポーツチームが川崎の地に設立したにも関わらず、全く根付かなかった”スポーツ不毛の地”川崎にいかにして”地域密着NO.1”のプロスポーツチームが成長したのかを中村憲剛の挫折、立ち上がり、成長と並行して観れるのが、本作の最大のポイントで単なるフロンターレサポーター向けの憲剛賛歌映画ではなく、”いかにして事業を成長させるのか?”という点で観ても非常に興味深い映画でした。
”ファン感謝祭などで浮かれているから優勝できないんだ?”と数々の批判も浴びながらも”自分達の信じた方法で結果(優勝)を出して見せる”という監督・選手だけでなく、元・現の社長、運営スタッフ、川崎市の後援者のコメントを聞くと、2017年の初優勝の中村憲剛の大泣きのシーンを改めて見ると泣けてきます。
”サッカーはあんまり好きじゃないから”、”フロンターレ好きじゃないから”という方も数多くいるかと思いますが、”スポーツ不毛の地でいかに人気クラブが誕生したのか?”を自分の仕事、学校などに照らし合わせて見ると良いかと思います。結局は、人と人とのつながりですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ