レビュー一覧に戻る
コーダ あいのうた
上映中

コーダ あいのうた

CODA

PG121122022年1月21日公開

mat********

5.0

オリジナルに負けていない。

オリジナルの「エール!」は2015年公開時に劇場鑑賞してその年のマイベストテンで1位にした。感動しまくって2回観た。 オリジナルはフランス映画なのでほとんどの曲を知らなかったが、ハリウッド作品となったことでほとんどの曲を知っている。音楽映画でこれは大きい。 しかもマーリー・マトリンが出ている。 もう待ちきれなくて公開初日に仕事が終わって駅までダッシュ、初日鑑賞が実現した。 ラスト近くからずっと泣いてた。 「エール!」のシーンが重なって更に泣ける。 もうぐちゃぐちゃになった。 これから観る人はタオル必須です。 オリジナルより良かったのは役者と曲を知っていること。 作品としては「どちらもかなりいい」。 元ネタが恐ろしくいいのでリメイクしても絶対いいものができる。 リメイクした理由は「曲をもっと多くの人が知っているものに変えたらもっと多くの人を感動させられるんじゃないか」だと思うし、これは正しい。 おかげで今作はシネコンで公開された。感動した人が「エール!」を観てくれることを期待したい。 主役のエミリア・ジョーンズはダコタ・ファニングの「ブリムストーン」で超絶美少女を演じていた女の子。成長して主役を演じる姿を見て、まるで自分の娘の成長を見るように感激した。 相手役の男の子のTシャツには「キング・クリムゾン」の文字。これはちょっと嬉しかった。

閲覧数1,876