レビュー一覧に戻る
コーダ あいのうた
上映中

コーダ あいのうた

CODA

PG121122022年1月21日公開

あんバターさんど

5.0

泣けた!手話ってこんなに情熱的だとは!

予告ですでに感動した期待の作品でしたが、もうこれが大アタリで、最初から最後まで涙が止まらなかったという感じだ。 設定が秀逸で、夢と現実の間で葛藤する少女の気持ちには、誰もが共感できるだろう。 ルビー以外の家族全員が聾唖者だが、その家族がとても明るくユーモラスなのが、この作品を前向きにさせている。 そりゃ次々と襲う試練に、下を向きそうになる。 そりゃあんまりだと悲しくなる。 だけど、ちゃんと手をつなぎ、再び前を向く。 家族であり、チームでもあるという感じだ。 予告ではあまり注目していなかった、ルビーの音楽側のプロットを支えるMr.Vがまた最高だ。 学校でのルビーの苦労は家族にはほとんど伝わらない。それがルビーの優しさ、強さだ。 なので、そっち側はMr.Vが支え引っ張っていく。 メキシコ人だからかとんでもなく明るい。いや、キャラが濃い! この人(俳優)スゴイ!!めちゃ好きだ! 最後もいいとこ持っていくもんね~~ 厳しいが、家族とは違った愛情に溢れている。 ルビーを演じた女優さんも素晴らしい。 ちょっとぽっちゃりしているが美人だし、歌声もいい。 何より、あれほど饒舌に手話を操るのがすごい。努力したんだろうな。 当然、手話のシーンが多いが、どれも早口のように素早く、感情的で、手話であんなに感情が表現できるとは驚いた。むしろ言葉よりも気持ちが伝わるかもだ。 登場する主要キャラがみんないい人。 誰もが幸せになれる感動の傑作だ。

閲覧数5,783