上映中

義足のボクサー GENSAN PUNCH

GENSAN PUNCH

1102022年6月10日公開
義足のボクサー GENSAN PUNCH
3.3

/ 18

17%
22%
44%
11%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)


  • ron********

    3.0

    ドキュメンタリーに近いサクセスストーリーのボクシング映画

    足の日本人がフィリピンでプロボクサーを目指す実話を映画化。 沖縄で母親と2人で暮らす津山尚生(なお)は、プロボクサーになる夢を抱いているが、幼少期に右膝から下を失い、義足であることことから、日本ではプロライセンスが取得できない。 夢をあきらめきれない尚生は、フィリピンへ渡ることを決意。 そこではプロを目指すボクサーたちの大会で3戦全勝すればプロライセンスを取得でき、さらに義足の尚生でも毎試合前にメディカルチェックを受ければ、ほかの者と同じ条件で挑戦できる。 尚生はトレーナーのルディとともに、慣れない異国の地で夢への第一歩を踏み出す。 監督・製作・製作総指揮・美術は、カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した「キナタイ マニラ・アンダーグラウンド」をはじめ、「ローサは密告された」「罠 被災地に生きる」など不条理な社会のなかでもがきながら生きる人々を描いてきたフィリピンの名匠ブリランテ・メンドーサ。 出演は、「ハブと拳骨」などの尚玄、ロニー・ラザロ、「映画 おそ松さん」などの南果歩、ビューティー・ゴンザレスなど。 製作は、「ハブと拳骨」などの山下貴裕。 脚本は、メリー・ハネリン・ジョイ・アリピオ。 音楽は、「アルファ 殺しの権利」などのディワ・デ・レオン。 原題「GENSAN PUNCH」 映倫区分G 2021年作品 フィリピン=日本合作映画 配給は彩プロ 製作会社はHBO Ajia Original=Center Stage Productions=Gentle Underground Monkeys=SC Films International 上映時間110分 うーん、まあ、普通に面白かったかなぁ。 ドキュメンタリーに近いサクセスストーリーのボクシング映画です。 でも、熱血スポ根ものではありません。 物語的には結構淡々を進みます。 どこまで脚色されているのかわかりませんが、実話なのでリアリティがありますね。 ハンドカメラの多用も、ドキュメンタリーっぽい。 ただ、その分、クライマックスの起伏も薄い。 どこがピークなのかちょっと分かりづらい。 ドラマチックでもなく、ドキュメンタリーでもないというちょっと中途半端さを感じた。 それと時系列の整理があまり出来ていない。 動機とかを説明せずに見せているので、白々しいところがない反面、少し伝わりにくさもある。 そこら辺を、映像や音など映画という見せ方を駆使して、分かりやすくある意味オシャレに見せて欲しかった。 そして、義足がいかにハンディなのかをもっと深く見せて欲しかった。 とはいえ、尚玄のバキバキの鍛え上げられた身体とボクシングシーンは迫力があります。 格好いいです。 それに、先も言いましたがリアリティがあって、主人公を取り巻くフィリピン人の役者達も味があっていい感じ。 フィリピンという国の雰囲気もいいエッセンスになっている。 義足だと日本ではプロライセンスが取れないのはなぜなんでしょうね。 なぜそういうところで線引きしてるんでしょうか。 よく理解できません。 ちなみにタイトルの「GENSAN」はフィリピンの街の愛称だそうです。 「ゲンサン(玄)」ではなく、「ジェンサン」と読むんだそうですよ。 着想から7年で完成した作品だそうです。 エンドロールのメイキング映像もいいので、最後まで観てくださいね。 ■興行収入予想 興行的には、現段階では上映館数14館と少ない。 6月10日(金)からの劇場公開。 同日公開の作品は、「ALIVEHOON アライブフーン」、「ぼくの歌が聴こえたら」、「劇場版 からかい上手の高木さん」、「劇場版 異世界かるてっと ~あなざーわーるど~」など。 6月11日(土)からの公開作品は、「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」。 うーん、上映館数が少な過ぎますね。 あまり話題にもなっていないなぁ。。。 ミニシアターランキングでは上位に入ってくるかな。 初登場圏外スタートと予想。 最終興行収入は1,800万円と予想。 星3つ(5点満点) ★★★

  • kaj********

    2.0

    話が飛びすぎ

    私が沖縄人なので主人公の方とか注目して観ましたが、映画っぽくないというかドラマのストーリー性がなく、とにかく話が飛んで勝手に映画が終わった感じでちょっと残念だった。

  • ken********

    3.0

    フィリピンの人たち熱いねー

    プロライセンスを目指す義足のボクサーの話。 ドキュメンタリーっぽい雰囲気。南果歩さんが出てなかったら騙されそうになる。 フィリピンの人たちが熱くてよいねー。 ボクシングシーン痛々しくてかっこよかったよ。

1 ページ/1 ページ中