オペラハット

MR. DEEDS GOES TO TOWN

115
オペラハット
3.9

/ 61

23%
51%
23%
2%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(25件)

ロマンチック14.9%楽しい14.9%知的12.8%かっこいい10.6%笑える10.6%

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    5.0

    36年度オスカー監督賞主演男優賞

    フランク・キャプラ特有の善意に満ちたストーリー。 ゲーリー・クーパーがイケメンなのがとにかく素晴らしい。 ヒロインのジーン・アーサーはどうしても「シェーン」のイメージが強いけどあの時は53歳。 今作は36歳、「わが家の楽園」は38歳。 華やかな30年代40年代ハリウッド女優の中で、ハスキーボイスで落ち着いたアラフォー女性のヒロインを演じた印象的な存在です。

  • ech********

    4.0

    安心推奨監督

    クラシックではヒッチとワイルダー君の二人は、どの作品も安心しておすすめできますが、キャプラ君の安定感も抜群です。やや理想論過ぎのきらいはあるものの、正義と良心を嫌味なく楽しく表現する腕は水際立ってます。この作品でいつもニヒルで冷たい印象のクーパー君が良心の好演技です。

  • k2b********

    1.0

    ハッキリB級映画

    ストーリーにヒネリも無く、飽きます。 いくらゲイリー・クーパーでも、悪い脚本は治りません。 残念です、久しぶりに最後まで見れない映画でした。

  • ☆希望の星☆

    4.0

    ゲイリー・クーパーを初めて拝見‼

    1936年(昭和11年)の作品 古さはなく ストーリー展開もテンポよく さすがフランク・キャプラ監督の実力 時代が変わろうと欲にかられた人間のすることは同じ 思いがけず法廷シーンなどがあり かなり面白く観た 何より主役 ゲイリー・クーパー ステキな俳優 スター 同じ時代に生まれていたら大ファンになっただろう 申し分のない姿形 ただ セリフ回しがややぎこちなく聞こえる 気のせいかな 1936年ころのアメリカは不況 遺産の使い道は これで良かった

  • mut********

    5.0

    ネタバレミスター・ディーズ都へ行く

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第9回

監督賞

NY批評家協会賞第2回

作品賞

基本情報


タイトル
オペラハット

原題
MR. DEEDS GOES TO TOWN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-