レビュー一覧に戻る
オペラハット

オペラハット

MR. DEEDS GOES TO TOWN

115

一人旅

5.0

ディーズ、NYへ行く

フランク・キャプラ監督作。叔父の遺産を相続した田舎出身の男ディーズ(ゲイリー・クーパー)。資産家になった彼にマスコミは喰いつき、たかりが押し寄せる。でも当の本人は金に興味なんかない。本当は正直者で誠実で心優しいのに、ジーン・アーサー扮する女性記者ベーブ以外の人間はそれに気づかない。そして世間は金持ちになった彼を利用し、陥れ、追い詰めようとする。人間の嫌な部分を見せつけられた感じだけど、終盤の裁判のシーンからラストまでの終わり方が良かった。

閲覧数591