レビュー一覧に戻る
オペラハット

オペラハット

MR. DEEDS GOES TO TOWN

115

mka********

3.0

大富豪の遺産を巡る騒動

フランク・キャプラ監督の人情喜劇。 主演はゲイリー・クーパー。 ヴァーモントの田舎町で、油脂工場を営むディーズ(ゲイリー・クーパー)。 ある日突然、彼の元に大富豪の叔父の遺産が転がり込む。 彼がニューヨークの屋敷に着くと、遺産目当てに人々が集まっていた。 また有名な新聞記者ベイブ(ジーン・アーサー)は、彼の記事を書くために行き倒れを装い・・・ 同監督の、「スミス都に行く」にかなり似た作品です。 時代的には、こちらが先なので「スミス都に行く」が似ているという方が正しいのかもしれません。 この作品も、安心して鑑賞できる喜劇作品です。 その後は、ディーズがベイブの正体を知り人間不信に陥る。 一方で、叔父の親戚からディーズが遺産を狙われる。 といった展開です。 最後には、ヒューマニズム溢れるラストとなります。 悪くは無いのですが、展開がちょっと一本調子かなというのが感想です。 比較的シンプルな恋愛映画だと思います。 もう少し、社会風刺が効いていれば面白かった。 どこか物足りなさが残りました。 ラストも盛り上がりそうで、そこまでは盛り上がり切れず。 期待した程では無くて、チョット物足りなかった作品でした。

閲覧数490