2022年2月25日公開

ライフ・ウィズ・ミュージック

MUSIC

1072022年2月25日公開
ライフ・ウィズ・ミュージック
3.8

/ 55

31%
29%
33%
5%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ズー(ケイト・ハドソン)は、アルコール依存症のリハビリテーションプログラムを受け、一人で暮らしていた。あるとき彼女は、長年顔を合わせることのなかった自閉症の妹ミュージック(マディ・ジーグラー)と暮らし始めるが、環境の変化に敏感な妹との生活に困惑する。途方に暮れるズーに救いの手を差し伸べたのは、アパートの隣人のエボ(レスリー・オドム・Jr)だった。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(19件)

かわいい14.9%楽しい14.9%泣ける12.2%切ない12.2%かっこいい6.8%

  • ska********

    5.0

    “ミュージック”と共に…

    今、これから公開の所があるらしいので 音楽好きな人には劇場で観るのをオススメしたい映画!! 初監督をつとめたSIAの音楽は 楽曲は知っていたけど (当初は覆面だけど)アーティストは分かってたけど 曲と特徴の情報が一致していなかったし 名前は知らなかった この映画自体も 存在は知っていたけど 内容も監督もよく分からないまま ほぼ“音楽な映画を観たいな”って気分だけで選んだ そんな程度だったのに!! どこかで見たような映像美だけど、映像美!! 音楽!!MVみたいな、しかし登場人物の“背景”に成り得る、音楽!! 演技!!愛に溢れる出演者達!! 誰かが書いてた、“嫌な予感のする、起こり得る悲劇は起こる”内容なのだけど 全てを、愛が包み込むから 観て大丈夫!! ロックが好きな人も、クラシックを聴く人も ポップスだろうが、演歌だろうが(笑)、童謡だろうが、民謡やヒーリングミュージックだろうが 音楽を愛する人には たぶん響く映画🎶

  • xcg********

    1.0

    不快

    ここでの評価がすごく良いですが、私には全く合わなかった。主人公もその姉も態度が不快に感じたし、途中で入るミュージカルのようなシーンも歌も全然いいと思えませんでした。障害のある人物を描いているのは分かりましたが、キャラとして全然受け入れられなかったし、共感も出来なかったです。不快すぎて最後まで見るのも苦痛で久々に途中退席してしまいました。

  • lrf********

    5.0

    やっぱり!

    Siaってすごい! 日比谷で観ましたがもっとデカい画面で 観たかったなー 内容も曲も衣裳もカラーも なんかすべてよかったです! そして、最後ホロリと感動もあり。 エンドロールも(笑)ほのぼの~

  • イゲ

    3.0

    斬新なダンスと色彩豊かなセットに加え唄の詩が良かった!

    お目当ての作品が中途半端な時間に上映。 それまでの時間潰しで鑑賞したけど正解だった。 母の急死によりアルコール依存症のズーが、自閉症の妹ミュージックと生活を共にして行くストーリー。 ストーリーはありふれた感じだけど、途中途中のミュージカル風な歌と踊りが斬新。 色彩豊なセットが美しい。 音楽も良いけど劇場の音響が今一つで音響の良いスクリーンで観たかった。 あっさり終わってしまうかと思ってけど後半の感動するシーンで満足度が上がった感じ。 目玉焼きは2つにケチャップがデフォルトと知る(笑) エンドロール後の小ネタの意味が理解出来ませんでした( ´∀`)

  • mas********

    5.0

    ミュージックのPOPで素敵な世界。

    なんの前知識もなく、ほかの作品でチケット取ろうとした時のカット写真が気になってしまった。 大正解!観てよかった。 自閉症の妹の面倒を見る、アルコール依存症の年の離れたダメ人間のおねーちゃんの話という複雑で題材としては重いのだけど。 ミュージックの脳内で繰り広げられる、MVみたいなPOPでカラフルでダンサブルで楽しい映像が本当に素敵で。。。 彼女を囲む、隣人たちもそれぞれの孤独と抱える問題があって。 彼らもまた劇中でその思いをPOPに踊り歌う演出。 舞台装置?っていうの?衣装も小道具も本当に楽しくって美しくって。 踊れる肥仔、フェリックスくんはやっぱり、虹の橋を渡ってしまったのでしょうか? 優しい子は、自分の意見を言わない。 ましてや、養子だったら静かに自分の境遇を受け入れていて。 苦手なボクシングも習い試合も出る羽目に。 そんな彼がミュージックのために行動しているのは自分の行動だよね。 自閉症のミュージックを中心に、温かい関係が築かれていて。 ちょっとした奇跡も、用意されている。 「自閉症の僕が跳びはねる理由」の映画を観て、彼らの心のありようを垣間見ることができて。そしてこんな映画に出会えた。 音楽と一緒に。ミュージックと一緒の生活。 楽しいことばかりではないけど、キラキラしている日々。 一緒なら、そんなに悪くない。 希望を感じられました。 ミュージック役のコ、踊りがすごいな!と思っていたら本当にすごいコだったのね!パンフ買っちゃって、ネット検索しちゃったよ! ケイト・ハドソンの坊主頭、最初誰だか気づかなかったよ。。。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ライフ・ウィズ・ミュージック

原題
MUSIC

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル