2022年3月25日公開

ツーアウトフルベース

PG12972022年3月25日公開
ツーアウトフルベース
3.4

/ 30

37%
17%
20%
7%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

プロ入りの期待を寄せられていた高校球児・イチ(阿部顕嵐)とハチ(板垣瑞生)は、部内で起きた不祥事により夢の甲子園出場が取り消されてしまう。それから10年後、薬物に溺れ荒んだ生活を送っていた二人は、あることがきっかけで町のヤクザに目を付けられる。さらにそのヤクザと不良グループの抗争に巻きこまれてしまい、二人は絶体絶命の状況を切り抜けようと奮闘する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(12件)

コミカル29.2%かっこいい16.7%笑える12.5%楽しい12.5%絶望的8.3%

  • usa********

    4.0

    健全ではないけど青春映画

    多少バイオレンスシーンはあるものの、声出る程笑えるシーンもあるし、その直後にチリッと心に滲みる部分もあったりして、知らぬ間に身を乗り出して観ていた。 イチはクズだけどやっぱりカッコ良いし、ハチはおバカだけど可愛らしいし、サキははすっぱだけど下品じゃないし、ヤクザの皆さんと不良グループもコミカルで楽しめた。渋川さんさすがです。 志麻姐さんの映画を観ていた者としては、確かにどこか懐かしくて、面白かった。

  • ron********

    3.0

    めっちゃドタバタした映画

    甲子園出場の夢を実現できず堕落した日々を送る元高校球児の再生を描く青春エンタテインメント。 イチとハチはプロ入りが期待されるほどの前途有望な高校球児だったが、部内で起きた不祥事により甲子園出場が取り消されたことをきっかけに、転落への道を歩むことに。 10年後、薬物にまで手を出し堕落した生活を送っていた彼らは、ひょんなことからヤクザに因縁をつけられ、そのヤクザと不良グループの抗争に巻き込まれてしまう。 絶体絶命の状況をどうにか切り抜け、人生の歯車を再び動かすべく奔走するイチとハチだったが。。。 監督は「レディ・トゥ・レディ」の藤澤浩和。 脚本は、「ミッドナイトスワン」の内田英治。 主演を務めるのは「空飛ぶタイヤ」などの阿部顕嵐と「君が落とした青空」などの板垣瑞生。 出演は他に、「樹海村」などの工藤遥、「騙し絵の牙」などの後藤剛範、「ちょっと思い出しただけ」などの渋川清彦など。 音楽は、「極道めし」などの吉岡聖治。 主題歌は7ORDER。 映倫区分PG12 2022年作品 日本映画 配給は東映ビデオ 製作会社はKSP、日本コロムビア、東映ビデオ 上映時間97分 うーん。。。なんだこれは。 めっちゃドタバタした映画ですね。 これはコメディか? 盗みはあるしドラッグもある。 そして、銃撃戦。 めっちゃ人が死ぬし。 バイオレンスで話が進むので、全体的に観ていて痛い。 ただ、展開的には怒涛の展開って感じです。 結構、めちゃくちゃな展開。 アイドル映画かと思いきや、内容的には全然アイドルっぽくない。 これで若い子は喜ぶんでしょうか。 まずもって、物語自体があまり面白くないのがかなり痛い。 悪い意味でのB級感がした。 それに主人公たちがかなりのクズ。 愛すべきクズじゃなくて、ただのクズ。 なので、感情移入出来ません。 ハチのポンコツさかなんだか可愛いけどね。。。 それに、そもそもきっかけとなる出来事が自業自得なので、どうも引いてしまいました。 タイトルの「ツーアウトフルベース」というだけで、野球要素が強いのかな?って思ってましたが、野球要素はほぼなし。 ま、でも、かなり痛い映画ですが、エンタメ度数は高いかな。 ■興行収入予想 興行的には、現段階では上映館数38館と少ない。 3月25日(金)からの公開。 同日の公開作品は今作の他、「ナイトメア・アリー」、「ヴォイジャー」、「アンビュランス」、「映画 きかんしゃトーマス オールスター☆パレード」など。 初登場圏外スタートと予想しましたが、そうでした。 最終興行収入は2,100万円くらいか。 星2つ半(5点満点) ★★☆

  • suk********

    3.0

    酷評されてるけど…

    深く考えないで見るタイプの映画だと思えば、話もまあまとまってますしそこそこ楽しめます。なにより阿部顕嵐くんの顔がいい。そういう映画です。 しかし、若者に安易にドラッグを使わせる演出はいただけない。主演が主演だけに若者も多く見る作品でしょう。しかも大麻などでなくかなりガチなタイプのドラッグです。 ワルだのクズだのを表す演出なのでしょうが、これではクズの質が一段階変わってしまいます。そのドラッグを使っていた若者が最後には成功をおさめる…というストーリーは無理がありすぎて共感できないし、まったく賛同もできません。

  • nao

    2.0

    バイオレンスは苦手

    想像より喧嘩やハードな場面が多くて時々目を背けてしまいました。主役の阿部さんが見たくて劇場に足を運びましたが内容が単純で深みに欠け、心に響く場面が無かった。笑うことも泣くこともなく終わる映画は初めてでした。

  • より

    4.0

    思ってたのと違ってた

    主役の二人のかっこいい映画だと思ってましたが、違ってました。周りのおじさん達の振り切った演技とここまでやるのっていう感じが何だか新鮮で面白かったです。人間関係のやり取りにもう少し深い感情があればもっと良かったかな…でもぶっ飛んだヤクザのみなさん?のある意味楽しそうなところがツボで見てよかったです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ツーアウトフルベース

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日