ムクウェゲ 「女性にとって世界最悪の場所」で闘う医師
4.7

/ 11

73%
27%
0%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

コンゴ民主共和国東部は「女性にとって最悪の場所」といわれ、パンジ病院には年間2,500人から3,000人もの肉体的または精神的な傷を負った女性たちが運び込まれる。パンジ病院の婦人科医デニ・ムクウェゲ氏は、長年、被害者の女性たちを無償で治療してきた。鉱物資源が豊富なその地では、武装勢力が資源の利権を得るために、性暴力を用いた恐怖による支配を行っているという。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(3件)

勇敢28.6%恐怖28.6%絶望的28.6%切ない14.3%

  • akj********

    5.0

    ネタバレ世界最悪の無法地帯

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mai********

    5.0

    どうすべきなのかを考える

    ただ単純にスマホを簡単に買い換えないとかそうすれば良いのかというとそうでもない。 レアメタルが豊富だという土地で 武装勢力がそこを占領して利益を独占しようとしているという事が全てであるならば、今までさんざんレアメタル入りの商品を作って売ったのだからリサイクルで再資源化を目指すようにすればよいし、そうすることで海外からの輸入が出来なくなった場合や円安で購入コスト増に対する対応が可能になると思う。 でも、コンゴ政府が鉱山をしっかり実効支配できるようになった場合はどうでしょうか? 政府としては国民を豊かにしたいのでレアメタルの輸出は外貨獲得の手段になる。その時、リサイクルによる素材の再生が稼働していてそれですべてが賄えてしまった場合、お金にならない事になりコンゴの人々は貧しいままになってしまうかもしれない。 最適解が難しい。 武装勢力に当該地域を実効支配させないために どのような方法があるのでしょうか? 結局は貧富の差が生み出す人の世の歪み。 その歪みを少しずつでも取り除いていくしかこの悲劇をとめる手立てはないんじゃないかと思う次第。 被害に遭われた皆さんが明日の時代を作り出すチカラになるハズです。 その先で素敵な笑顔を見せてくれることが何よりムクウェゲ先生が望むことでしょう。 観るべき最上級のドキュメンタリー作品だと思います。 2022年6月4日シネマテークたかさきで鑑賞

  • habibtajjeb

    5.0

    ドキュメンタリー。

    映画ではないので どんなに悲しく辛い過去のある女性がでてきても 涙することはありません。 あんなことが当たり前のように ずっと続き、おさまるどころか 増えている事実があることに怒りを覚えます。 ただただ、被害にあわれた女性たちが 少しでも前を向いて歩け ムクウェゲさんが 暗殺されないことを祈ります。 元々壊れるまでスマホは使う主義ですが これからも大事に使い 資源の無駄遣いはしないようにしたいと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ムクウェゲ 「女性にとって世界最悪の場所」で闘う医師

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日