2022年1月21日公開

ザ・ミスフィッツ

THE MISFITS

PG12952022年1月21日公開
ザ・ミスフィッツ
3.0

/ 39

3%
26%
49%
18%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

極悪人から大金を盗み、恵まれない人々に分け与えることがモットーの犯罪プロ集団「ミスフィッツ」。次に彼らが狙うのは、テロリストの資金源となっている大量の金塊で、中東の砂漠にある厳重警備の私設刑務所に隠されていた。その任務がこれまでになく困難になることを察した彼らは、伝説的な盗みのスペシャリストで一匹狼のリチャード・ペイス(ピアース・ブロスナン)をチームに引き入れる。テロリストに資金が渡る前に金塊を強奪すべく、彼らは作戦を開始する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(16件)

かっこいい17.9%コミカル17.9%楽しい15.4%笑える12.8%ゴージャス7.7%

  • ムービークリニック

    3.0

    ほし みっつ

    007ボンド役では一番好きなピアース・ブロスナン主演の泥棒物語です。 ハリウッド作品やテレビドラマで活躍する韓国系アメリカ人のジェイミー・チャンが格闘技の達人役で登場。このためか韓国でワールドプレミアが行われてるようです。 そして監督はレニー・ハーリン。ダイハード2やクリフハンガーなどヒット作品で有名。一時期奥さんのジーナ・デービスを主演にしたアクション作品も数本撮ってましたね。『ロングキス・グッドナイト』は記憶喪失の凄腕女工作員のアクション作品でよく覚えている。 ハーリン監督の現在は、大作というよりは観やすいアクション映画を作る人という個人的イメージ持ってます。 物語は、泥棒のリチャード(ブロスナン)が娘に頼まれてテロの資金となってる金塊を盗むアクション作品。計画を主導していたチームを率いて金塊の強奪に向かう。 爆弾に精通するもの、詐欺師、色気と格闘技を武器にするもの、協力して金塊の隠し場所の施設刑務所に潜入します。 カッコいいスポーツカーや中東地域の風景、豪華なホテル、ワイスピみたい雰囲気であります。ブロスナンは部屋に女性を連れ込んで?たり、この辺はボンドのイメージを意識してたんでしょうね。 そしてこの強奪の目的が驚き。テロ資金を盗み、その活動を妨害するというのだ。要するに報酬はなし。金塊は慈善団体に寄付する計画だ。泥棒の主人公は無報酬なら断ろうとするが、そこは娘のお願い。計画に参加。 でも泥棒。最後に金塊をかっさらっていくんじゃないかとワクワク(笑)映画のどんでん返しを期待しちゃいます。劇中で娘もそれを心配しているのが楽しい。 怒涛のアクションの見どころは、私設刑務所の詐欺師を使っての侵入方法、金塊の運び方法。ここはドキドキとユニークさが抜群であります。 さらに、金塊運送で追われた場合の二重三重のアイデアと防御トラップもとても面白い。 アクションには珍しく銃撃戦がない。 ラストに金塊と共に姿を消すリチャード?落胆と焦りの娘。金塊はどうなっちゃうの? 楽しみましょ。

  • ちょい悪おおかみ

    3.0

    説明ナレーションがウザイ

    ピアース・ブロスナン久しぶりに見た やっぱり爺さんになってもカッコいい 007以来、相変わらずキザ ストーリーは単純明快、オーシャンズシリーズモドキの泥棒チームが金塊を盗む 殆どピアース・ブロスナンだけの映画でした 中東だから高級車や高級品見せとけってか 後のチーム仲間は誰も知りません 唯一ポープ役の女優さんだけ可愛い 最近ありがちな必ず東洋人が出てくる 中国に配慮かな カンフー姉ちゃんも最後格闘するだけだし、爆弾兄ちゃんなんか殆ど出番無し そもそも彼の名前すら出てこない この二人は要らなかったのでは 中東の刑務所に東洋人が要るのが不思議なくらい 所々ご都合主義の突っ込みどころ満載です 泥棒一味なんだけど、見終わってなんかスカッとしないのは何故だろう いろいろ余計な物が多すぎるのか? プリンスは本当の王子なのか? ジャケだけ見て、面白そうだと思ったけど、普通の映画でした 星3つですね、これはながら映画です

  • abu********

    3.0

    ネタバレ佳作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mnk********

    3.0

    引退した007と仲間たち

    レニー・ハーリン、職人監督として平均的な娯楽作品を撮るのは安定している。 ピアース・ブロスナンを見ると今でも007かと思うので、役者のイメージや作品選びも大変だなと同情。 でも、やはり素敵で魅了される。

  • rui********

    3.0

    ザ・ミスフィッツ

    期待外れ。 今更、こんなありふれた題材かい?と言う内容で、しかも冒頭からのナレーションが長すぎるのと、声が耳障りで、「うるさい、早くやめろ」とイライラ。 ナレーションなら定評のあるブロスナンにやらせりゃ良かったのに。 TV「華麗なる詐欺師」のが遙かにレベルが高かったな~と言う印象。 オシャレだったしね。 元007のブロスナンは、未だに自分がその魅力を発揮していると 自信過剰だったかもねぇ。老いて、元から顔からクビにかけて シワがたくさんあった彼が、更に更にシワクチャで、笑い方は下品に。 どこか自意識過剰の表情が、今のブロスナンにマッチせず、空回り。 ガラガラの映画館。 さもありなん。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ザ・ミスフィッツ

原題
THE MISFITS

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル