ここから本文です

2022年2月25日公開

灰色の壁 ―大宮ノトーリアス― (2022)

監督
安藤光造
  • みたいムービー 1
  • みたログ 0

未評価

解説

1990年代の埼玉を舞台に、少年刑務所に収監された暴走族の元総長の青年を描くドラマ。暴力団のたくらみにより全てを失った男が、自分を陥れた者たちへの復讐(ふくしゅう)を決意する。監督は『パラ族 パラパラじゃないか!』などの安藤光造。主人公を『仮面ライダージオウ』シリーズなどの奥野壮、彼の妻を『藍に響け』などの紺野彩夏、少年刑務所の看守を『さらば愛しのやくざ』などの陣内孝則が演じるほか、金子昇、新羅慎二、吉村界人らが共演する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1996年の埼玉、暴力団「青葉会」が牛耳る大宮周辺では、暴走族の若者たちが日々抗争を繰り広げていた。最も勢いのある暴走族「桜神會」の総長・吉田正樹(奥野壮)は、その活躍を快く思わない青葉会と傘下の暴走族「魅死巌」の策略により、少年刑務所へ送られてしまう。やがて桜神會のメンバーが次々と青葉会に抱き込まれ、自分の家族も不当な仕打ちを受けていることを知った正樹は、青葉会や魅死巌への復讐(ふくしゅう)を決意する。そして一刻も早く刑期を終えるため、模範囚になることを目指す。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ