レビュー一覧に戻る
ミックステープ:伝えられずにいたこと
2021年12月3日公開

ミックステープ:伝えられずにいたこと

MIXTAPE

972021年12月3日公開

一人旅

5.0

ネタバレドブネズミみたいに~♪

ヴァレリー・ワイス監督作。 今は亡き両親の足跡を辿る少女の奮闘と成長を描いたNetflixオリジナル映画の新作で、新星:ジェマ・ブルック・アレンが多感な少女を瑞々しく好演しています。 1999年の米ワシントン州を舞台に、2歳で両親を交通事故で亡くし母方の祖母に育てられた12歳の少女:ビバリーが、ある日両親が10代の頃に作ったミックステープを偶然見つけたことから、そのテープに収録された曲を探して街に繰り出していく様子を描いた青春ドラマの良作で、収録された全8曲を順番通りに探し当てていきながら、自分の記憶にない両親のことを少しでも知ろうと奮闘する少女の姿を見つめています。 ミックステープを通じた亡き両親への溢れ出る想いを切なくも温かな視線で描いた作品で、気の許せる親友となる隣家に住むアジア系の少女:エレン&クラスで浮いた存在の大人びた少女:ニッキーとの固い友情や、レコードショップで働くちょっと変わった男性店員:アンタイとの交流といった小気味いい人間模様がアクセントになっていますし、死んだ娘のことを思い出したくない祖母vs両親のことを少しでも知りたい少女の葛藤と相互理解そして家族愛でも観客の涙腺を緩ませてきます。 両親に関する記憶がすっぽり抜け落ちた少女の曲探しを通じたアイデンティティの回復と心の成長を、心温かな周囲の人々との関わりの中に描き出した作品で、両親が遺したミックステープの2曲目にザ・ブルーハーツの「リンダ リンダ」が収録されていることが日本人としては心憎いところであります。

閲覧数307