レビュー一覧に戻る
スターフィッシュ
2022年1月28日公開

スターフィッシュ

STARFISH

992022年1月28日公開

nn1********

5.0

一口寸評

新感覚のディストピア映画。 親友グレイスの葬式後に忍び込んだ彼女の家で目覚めたオーブリー(ヴァージニア・ガードナー)は、一夜にして雪景色となった町から人が消え、奇態な怪物が跋扈していることを知る。 無線電話の向こうで生き残っている人間によれば、世界を救えるのは彼女だけだと。 グレイスの残したカセットテープのメッセージに従い、彼女は町のどこかに隠された残りのテープを探し始める…。 詩的な映像と粋な台詞、ミュージシャンでもある新人監督の巧みな選曲。 アニメ(手塚プロ製作)もミクスチュアされた洒落た作品だ。 一人芝居のヒロイン、ガードナーが見目麗しく、最後のドンデン返しまで見惚れてしまった。 最初に掲げられた実話とは、若い監督の、これまた若い親友の死だそう。 「人間がみんな死んだら、一番悲しいのは物語の喪失」、とはけだし名言である。 この作品が描く現象は、人間が絶望した時の心象風景なのかもしれない。 親日家でもあるという、監督のスタイリッシュな感性に、心がもてあそばれるような秀作。 評点は4.5★。

閲覧数216