上映中

バブル

BUBBLE

1002022年5月13日公開
バブル
2.5

/ 562

17%
14%
13%
15%
41%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

世界に降り注いだ謎の泡の影響で、重力のバランスが崩壊してしまった東京。ライフラインが断たれた東京は、ビルからビルを駆け回る若者たちによるパルクールチームがバトルに興じる場となっていた。パルクールチームの一員ヒビキは、無軌道なプレイをするあまりに海へと転落。そこへ不思議な力を持つ少女ウタが現れ、彼の命を救う。やがて彼らは自分たちにだけ特別な音が聞こえることに気付く。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(283件)

ファンタジー18.8%不思議10.1%泣ける9.7%切ない8.7%かっこいい7.5%

  • spr********

    4.0

    ボーイミーツガールの深淵まで掴めるか、表面のみ捉えるかでかなり異なる評価かも。

    「バブル」という本作のタイトルと冒頭の銀河スケールの散らばりの意味。 そこから、壮大な、ボーイミーツガールの物語であるとの理解が進まないと、分かり難いのかも。いや、本作では、ボーイとガールが逆なのかな? とにかく、原子は、宇宙のどこでも同じ振る舞い。 何物かの心も宇宙の場所を問わず同じ? コンセプトになるのは、劇中でも出てくる、願いをかなえて・・・という、あの海が絡んだ古典的物語。 宇宙の摂理的に、こういう話には、どうしても、悲劇は絡んでくるらしい。 本作でもすでに、東京があんなことに・・・。 そんな環境下での、パルクールを絡めたのは、アニメとしての動きを付けやすいからだろう。 実際良く動くし、楽しめた。 ここは、一昔前の手書きでは、相当に困難そうに見える。 企画的には、そういうねらいなんでしょう。 なお、映画館で見る映像面のみで言えば、星5でもいいかもしれないが、ちいさい画面では駄目。 画面の動きと、大きなスケールの物語を読み取れそうな方は、劇場でどうぞ。 そうでもない方は、せめてテレビ放映待ちでどうぞ。 スマホサイズじゃ、細かい所まで見えないし、綺麗な映像は楽しめそうにない。 なお、鑑賞目的だった広瀬アリス担当の役は、他のキャラと比べるとちょっとだけ違和感もあったが、役の立ち位置を考えると、あれで妥当な配役かなあと思えた。 以下ネタバレ少々。注意。 未鑑賞の方は注意。飛ばしてください。 銀河の散らばりの銀河団が、泡構造という事を知らないと、あの映像だけで壮大さが、伝わるかどうか・・・。 物理とか地学、天文学に詳しくないと知らないよねえ。 あの壮大さと、人魚姫のコンセプトからイメージを広げられれば、高評価なのかもね。 壮大な心のひかれあいは宇宙で共通? ガールの方は、超宇宙的な生命体なのかと思って観ていたが、どうなのかな? 最後の結末も予想がついてしまうけど。

  • bfw********

    4.0

    そこそこ

    作画や動きは綺麗。 内容は結構人を選ぶ。 総合的にはまぁ良かった。 映画の大画面で観るようかなぁと思う。

  • geo********

    1.0

    驚いた!

    これを本気で 良い と思う人が存在するらしいことに驚いた。 史上最悪。

  • さぁーちゃん

    5.0

    考えさせられる時間を過ごせた

    ストーリーに細かい設定がされていないからこそ、より考えさせる展開が面白いと思いました!

  • emi********

    4.0

    ネタバレスマホは勿体無い…!

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


志尊淳ヒビキ
梶裕貴カイ
畠中祐電気ニンジャリーダー
井上麻里奈アンダーテイカーリーダー
三木眞一郎関東マッドロブスターリーダー

関連ニュース

関連ニュースの記事はYahoo!ニュースに移動します。


基本情報


タイトル
バブル

原題
BUBBLE

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日