レビュー一覧に戻る
東京2020オリンピック SIDE:A
2022年6月3日公開

東京2020オリンピック SIDE:A

1202022年6月3日公開

ech********

1.0

警告 オリンピック記録映画ではない

初めてこの言葉使いますが「クソ映画」です。 このサイトで半分以上が1点ですが、極めて妥当な評価です。 これから観る人は是非低評価を読んみましょう。 但し、低評価の中にはテーマが不明瞭とか、メッセージが散漫といった映画評論的な見地からの意見もあるようですが、私はそういう難しいことを言うつもりはなく、単に公式記録映画なんだから競技主体に「説教はいいから、入れるべきものをちゃんと入れりゃあそれでいいんだよ」というだけのことです。 つまり、普通にオリンピックの記録映画だと思って観に行くと失望800%です。 一応私は特に政治主張ナシ、昔からオリンピックはスポーツの祭典として十二分に堪能し、今回も普通に感動して、公式記録映画でまたあの感動を再確認しようとしていた平均的な人間です。 失望通り越して腹立たしい。よほど途中で出ようかと思ったけど、きちんと批判するために我慢して最後まで観ました。 NHKの日曜9時からやる「オリンピックのサイドストーリー」みたいな話がやたら続くだけ。 授乳中の乳児を連れてきた選手、家庭優先で代表辞退した選手、政情不安な国の選手、採用に数十年かかった競技関係者、母国籍で出場できなかった、やっと出場できた選手、黒人運動家の選手、沖縄県人のメダルへの思い、競技発祥国の勝利と敗北、みたいな話が切れ味悪く続き、いわゆるハイライトシーンは数競技だけ、しかも競技シーンより大会前後のシーンの方が多く、いかにも「私、問題意識持ってます」的な説教くささが鼻につきます。 水泳、サッカー、体操、野球、バレー、レスリング、フェンシング、ボクシングその他、映らない競技の方が断然多いです。IOCはオリンピックの記録映画を義務付けてるはずだけど、私がバッハ君ならやり直し命令ですね。 崑ちゃんのも物議かもしたけど、あっちだって内容は競技主体でハイライトシーンはちゃんと入れてます。ただ、画像が斬新しぎて「記録か芸術か論争」が起きただけなので今回のとは問題の次元が違います。TVのオリンピック特集とは違う、映画ならではのダイナミックなスケール感を期待したのに、これならNHKのデイリーハイライトをまとめた方が一万倍マシです。 そういえば変に問題意識をチラつかせて大滑りした近来稀にみるダサーイ開会式を思い出しますね。あれは本当にひどかった。あの開会式の演出方針とこの映画の製作方針は通じるものがあります。ある意味では日本人の勘違いの典型かもしれません。北京のセンス良さに恥ずかしかった。多分映画も中国の方が断然カッコイイと思う。 更に言えば、まあこれは日本人映像作家全般にいえますが、スポーツシーンの撮り方がとにかく下手。要するにスポーツシーンなのにカッコよくない。カッコよくするコツは ・指先や目じりなどの超クローズアップ ・斜めにサーっと動かしてパッと止める ・斜め上からグルリと撮る を数秒刻みでスロー多用でバチバチにつなげればいいんですけど。 アメリカのスポーツTV中継の試合前のイメージ映像を少し研究した方がいいですね。 昔、アメリカで作った大相撲番組のオープニングが、あまりにもカッコよすぎて椅子から落ちそうになったことあります。 選手主体の第一部ですらこのヒドさ、関係者主体の第二部は更にどうしようもないでしょうね。 元々第二部は観に行くつもりなかったけど、レンタルになっても借りるのすら止めることにしました。レンタル代でざるそば食べた方がよっぽどマシ。

閲覧数4,717