妖怪シェアハウス―白馬の王子様じゃないん怪―
3.2

/ 94

18%
28%
23%
19%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(32件)


  • 藤しず

    2.0

    面白くない

    ドラマ1期の頃から同様妖怪との出会いを通じた澪ちゃんの成長ストーリーではあるんだけど、なんともうーん、って感じ? とてつもない盛り上がりもなくだらだらと長い感じで途中ちょこちょこ眠くなった。 要所要所でドラマでも好きだった童歌とかもあるんだけど…途中ミッドサマー始まったかと思ったし…地上波で良かったかなってレベルだった。 配役と演技だけは相変わらず★5

  • marojin

    4.0

    楽しめた!

    主人公みおは素直でかわいい!妖怪たちに対して感謝の心を忘れていないし、いい子だと思う。AITOの世界と言うのは現代社会でいう宗教団体のようで気持ち悪かった。みんな優しい穏やかそうな感じだけど、薬でもやってるような顔で。 あと、特に何もできない癖に、一番偉そうなやまびこにテレビドラマ版でも映画でも腹が立った。

  • mas********

    4.0

    普通にテレビシリーズの延長

    テレビシリーズの一策が映画になった感じ、でも、一作目、続編とずっと見てました。テレビも面白いけれど、映画も楽しめました。まったく怖くない妖怪映画です。

  • jih********

    1.0

    そこがいいんじゃない

    日本映画、ましてや三角印の東映さんが製作配給。 うーむ。 いろんな政治案件なんだろうか。

  • peco

    3.0

    俳優達の演技力がすべて

    ドラマ版1期2期から楽しく見ていました。 映画化するかどうかに関しては勝算があったから制作したのでしょうがSPドラマでもよかったかなというのが第一印象です。しかしながら映画ならではのCG盛り沢山でドラマ版からの流れで見ている方は豪華な映像が見られるのである程度満足できると思います。 シナリオはウーン…やっぱり既存の妖怪が見たかったです。 この映画の特筆すべき点は俳優陣の演技力です。主演の小芝風花さんはコミカルな演技とシリアスな演技がとても上手いしこれからもっともっと素敵な作品に恵まれてほしいなと思います。松本まりかさんも脇役ながら存在感バリバリで真面目にコメディを演じていらしゃって尊敬します。 この映画を楽しむならドラマ版を見てからがオススメです。

  • zod********

    5.0

    無題

    凄く面白かった!!! 良く出来てる。 役者さん達も皆、上手い。

  • chi********

    4.0

    ネタバレ俳優陣は良いんですが…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 前坂隆典

    2.0

    久しぶりに

    寝てしまいました 時間の無駄でした😭

  • talkingdrum

    2.0

    ネタバレゴチャゴチャした感じ…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ゆき

    3.0

    ネタバレなんとなくこれじゃない感が。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Metal_M

    5.0

    小芝風花は可愛い!

    小芝風花を応援します!

  • 紗矢香

    5.0

    感動しました(*´︶`*)ノ

    涙あり笑いありの作品でした(*'▽'*)♪ ハンカチ必要です😊

  • mis********

    4.0

    内容はないけど

    小芝風花が元気いいので、救われている。

  • みやっちんぐみやちこ先生

    4.0

    小芝風花と松本まりかを見た映画

    映画『妖怪シェアハウス白馬の王子様じゃないん怪』観ました。 役所広司主演の峠と観るのを悩みましたが、峠のYahoo映画での評価が、難解とのことでしたので、連ドラは全く観ていない妖怪シェアハウスにしました。 AIマッチングアプリと言われるモノが出てきてAIが相手を探してくれるのかな?と思いましたがネットの中の相手と付き合うと訳の分からない事を言ってました。これは少子化も進みますし実現したら大変です。 澪(小芝風花)が恋する天才数学者のAITO(望月歩)がかっこいいのか分かりませんが(笑) 終盤差別のない世界というのが出てきて理想的だなと思いましたが現実ではそうは行かないなと思いました。 小芝風花と松本まりかが綺麗という映画でした♪ ayahoの主題歌も良かったです。

  • cas********

    3.0

    ドラマの延長(スケールアップ無し)

    ドラマ版が好きな人は観て損は無いけど、それ意外に波及する力は無いと思う。 今回の騒動の原因妖怪はラストをシリアスにするためにキャラ的な面白さが無いため、ゲスト俳優が演じる妖怪のユニークさが楽しかったドラマ単話の構造のほうがベターだなあと思う。 小芝風花も良いんだけど、松本まりかの調子が良すぎてそっちに目がいっちゃうね。。。

  • has********

    5.0

    澪と妖怪仲間の絆と愛と欲

    本日、やっと見に行けました!ドラマ放送時からずっと見てきました。まさか、映画化するとは思いませんでしたよ!今回のお話は、澪君と妖怪仲間(ぬらり・お岩・酒吞童子・座敷童子)との絆と出会った謎の数学者の白い青年。やっぱり、生身の人間と恋愛しないとダメだと思いました。澪の思いに涙してしまいました。妖怪仲間たちの闇落ちは面白かったです お岩さんの闇落ちは…ループ四谷怪談 歌舞伎でお馴染みの「戸板返し」が出てきました。

  • ron********

    3.0

    全くなにも知らない状態でしたが、そこそこ楽しめた。

    2020年と2022年に放映され、主人公の澪が妖怪たちと一緒に生活するなかで成長する姿を描いた異色のホラーコメディ「妖怪シェアハウス」シリーズのその後を描く劇場版。 澪は相変わらず妖怪たちと楽しく暮らしながら、作家を目指して出版社で奮闘する毎日を送っていた。 世間では自分の好みを反映したAIと恋愛を楽しむアプリが流行しているが、仕事に追われる澪は恋愛とは縁がない。 そんなある日、澪は仕事の取材先で出会ったイギリス育ちのミステリアスな天才数学者・AITOと恋に落ちる。 幸せな日々を過ごす澪だったが、やがて彼女はその恋が妖怪たちを危険にさらしていることを知る。 同じ頃、人間界では若者たちが登校や出社を拒否したり、欲望を抱く気持ちすら失ったりしてしまう“ツルツル化現象”が起こっていた。 主演をドラマ同様、実写版「魔女の宅急便」の小芝風花が務め、「極主夫道 ザ・シネマ」などの松本まりか、「冬薔薇(ふゆそうび)」などの毎熊克哉らが続投、さらに「ソロモンの偽証」などの望月歩が新たに加わる。 監督は、「森山中教習所」などの豊島圭介。 脚本は、「劇場版 SPEC」シリーズなどの西荻弓絵。 音楽は、「99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE」などの井筒昭雄。 主題歌は、ayaho。 映倫区分G 2022年作品 日本映画 配給は東映 製作会社は映画「妖怪シェアハウス」製作委員会(東映=テレビ朝日=朝日放送テレビ=角川大映スタジオ=メ~テレ=北海道テレビ=北陸朝日放送=九州朝日放送)(制作プロダクション:角川大映スタジオ 上映時間104分 ドラマは観ていません。 存在も知りませんでした。 シーズン2まであるんですね。 知りませんでした。 全くなにも知らない状態で映画を鑑賞。 なので思い入れも何も全くない。 当然、ドラマの設定はわからない。 映画では、ドラマで出てきたキャラクターたちの説明は一切ないので、よく分かりません。 でも、妖怪たちは、知ったものばかりで分かる。 という状態でしたが、内容的にはそこそこ面白いじゃないですか。 ちゃんと映画としてそれなりに良く出来ている。 人間の欲というこを描いているのもいい。 「欲望」があってこその人間。と終わるのもいい感じ。 子供向けな感じではありますが、別に気にせず観れる。 けっこうワクワクもするし。 内容も分かりやすくて見やすい。 構成的にもなかなか良く出来ている。 なにはともあれ、観やすいのがいい。 ちょっと笑えて、ちょっと泣けて、ちょっとホラーなバランスも悪くない。 私は、子供の頃妖怪好きだったので、ほぼ全てのキャラはわかります。 基本、バカバカしい内容ではあるものの、それなりには楽しめた。 ただ、AIの設定などはちょっと合っていないような気がする。 ドラマを観ていないので、わかりませんが、まあ、こんなもんなんですかね? まあ、期待していなかったからそれなりに楽しめましたが、やはり深夜ドラマのゆるーい感じが今作でも出ていました。 
今の時期から夏に向けての映画としてピッタリな映画ですね。 ドラマをちょっと観たくなりました。 シーズン3はあるんですかね? ■興行収入予想 興行的には、現段階では上映館数278館と普通より多め。 6月17日(金)からの劇場公開。 同日公開の作品は、「峠 最後のサムライ」、「恋は光」、「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」、「PLAN 75」、「炎の少女チャーリー」など。 ドラマの映画化作品としては、2021年では「99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE」が28.7億円、「あなたの番です 劇場版」が19.6億円、「劇場版 奥様は、取り扱い注意」が11.9億円、「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」が8.2億円、「科捜研の女 劇場版」が5.3億円、「劇場版 ルパンの娘」が3.3億円といった感じ。 2019年の「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」は29.7億円、2020年の「コンフィデンスマンJP -プリンセス編-」は38.4億円、2022年の、「コンフィデンスマンJP 英雄編」が28.2億円と、いずれもなかなかのヒット。 近年では2018年の「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の93億円の特大ヒットから大きなヒット作は出てない状況。 さて、今作はどうか。 ドラマファンはマストでしょうが、ファン以外は敬遠するでしょうかね。 今週は同じドラマの劇場版として、「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」が公開される。 ですが、今作はターゲットが低めなので、被ることはなさそうですね。 初登場7位スタートと予想。 最終興行収入は2億2,000万円と予想。 星3つ(5点満点) ★★★

  • TAKEIT

    2.0

    テーマよくてもストーリーが退屈

    キャラ、扱うテーマ、映像良いが、それを脚本がうまくドラマにしてない。

  • jir********

    4.0

    最強の敵

    せつないなー でも楽しく笑える作品になっている。 得意の不思議なダンスに感動した。 あの人たちの闇落ちは笑えたな。 続編希望だ!

  • may********

    4.0

    バイプレイヤーの掛合いが魅力

    妖怪が好きで、ドラマを見て6月17日(ろくろっくび、いいな)を、楽しみにしていました。 映画のストーリー部分よりも期待していたのはシェアハウスでのシーン。やり手のバイプレイヤーたちが醸し出す、わちゃわちゃ感がほんとに好きで…。現場の温かさが伝わるような絶妙な掛合いが、とても楽しかったです。 強者揃いの中、主役を張る小芝風花さんもうまい。澪の頑張る姿があるから、考えてしまうところも押しつけがましくなく見れるんですよね。澪には幸せになって欲しいけど、シェアハウスの様子、また見たいです。続編まってます。

1 ページ/2 ページ中