2022年4月29日公開

Sexual Drive

702022年4月29日公開
Sexual Drive
3.9

/ 11

36%
27%
27%
9%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ある休日、栗田(芹澤興人)という男性がデザイナーの江夏(池田良)のもとを訪れ、妻の真澄(橋本マナミ)との不倫を謝罪する(『納豆』)。パニック障害を患い休職中の上原茜(さとうほなみ)は、夫(中村無何有)に心配されつつスーパーへ買い物に行った際に、車で栗田をひいてしまう(『麻婆豆腐』)。仕事中の池上(尚玄)は、不倫相手の桃花(武田梨奈)からの電話を取るが、出たのは栗田と名乗る男性だった(『背油大蒜増々』)。

シネマトゥデイ(外部リンク)

予告編・動画

作品レビュー(1件)

セクシー11.1%不気味11.1%ファンタジー11.1%かわいい11.1%笑える11.1%

  • rxg********

    4.0

    実は志村けんのコントへのオマージュ

    なのではないかと思うくらい、食と女のエロスを描いた3つのショートストーリーの軸となっている強烈なキャラ、クリタのあり方は、そう、変なおじさんそのものである。  プロのポルノ小説家ばりのその豊富なエロボキャブラリーでもって、淀みなく、途切れることなくその口から溢れ出て、ブルートゥースイヤホンを通して耳元で語られ続けるようなクリタのトークは、知らぬ間にエロいパーソナル空間に侵入して観察され、匂いを嗅がれ、味わわれてしまって終わる、あのコントの変なおじさんの中身を文学的に博識な造形にしたようなものでしょう。  どのストーリーの女性のパートナーも哀れでみっともなく、カッコ悪い醜態を晒すのだけれど、どれも市井の我々そのもので、一番大切で身近な女性のエロさを狂言師クリタに再発見させられることになる。  納豆をサディスティックにかきまわして粘液が糸ひくそれを口に運ぶところを見せつけて、最後には流し目で「、、、ほしいんでしょ?」と誘う橋本マナミ。あろうことか八歳の頃に女子トイレに男子を監禁して自慰行為を強いて被虐趣味に目覚めさせた過去を呼び覚まされたさとうほなみが、ドMな醜男を蹴っ飛ばすかのように顔を火照らせながら調理する本格麻婆豆腐の中華鍋さばき。そして最後が、空手家としても知られるアクション女優武田梨奈が、前髪ぱっつんで不倫男にすげなく扱われる独身女を演じるのだけれど、男に約束をすっぽかされて自棄っぱちな心境で暖簾をくぐったおじさん密度マックスのカウンター席だけの店で背脂ギトギトでニンニク増し増しなラーメンを汗だくで啜り、禁断の味の快楽に覚醒して恍惚となる様を行為に例えながら実況中継しつつ汁が床に滴り落ちて迎える作品のラスト。私の一押しは、顔つきが清楚ながらどこか獰猛さが隠せない武田梨奈さんのエロい食べっぷり!  さて、こんな口コミで果たして的を射てるんでしょうかね、吉田監督?

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
Sexual Drive

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日