レビュー一覧に戻る
PLAN75
上映中

PLAN75

1122022年6月17日公開

kta********

3.0

ネタバレラスト30分が納得いかない・・・・

高齢化が進んだ日本で、75歳以上の人に安楽死を勧める政策がスタート。身寄りのない主人公(倍賞千恵子)が、職を失い友を失うなかでPLAN75を選択するまでの物語。 安楽死を組織的機械的に淡々と勧めていく風景は何とも皮肉であり考えさせられる場面も多かったが・・・・・どうやってこの映画終幕までもっていくんだろうと思ったが、最後が尻切れトンボ。 おじさんの遺体を施設から簡単に持ち出せるあたりで「????」 だったが、スピード違反で捕まったところでそれ以上の説明なし。 安楽死最後に倍賞千恵子と隣になった男性が、おそらく離婚した夫だった(ですよね?)まではまだしも、なんでその男性は亡くなって倍賞千恵子は死ななかったんだ?最後に施設を抜けて徘徊しているところでENDだが、そんなに簡単に抜け出せるのか? 例えば、安楽死を選択したものの、最後の最後で抵抗する人の姿をみせるとか そういう終わり方かな?と思ったんだが、疑問ばかり残して映画が終わってしまった。その疑問が強すぎて、安楽死についてとか、年寄りを安楽死させることが国にとっていいことかどうかとか、そういう考えさせる問いで終わった感じがしない。せっかく現代日本のテーマを扱ったのなら、最後はこちらに考えさせるシーンで終わった欲しかった。途中まではよかっただけに、余計に惜しい。

閲覧数2,434