レビュー一覧に戻る
スープとイデオロギー
上映中

スープとイデオロギー

1182022年6月11日公開

nn1********

5.0

一口寸評

画像は在日コリアンである監督の母親。本作の主役である。 前作『かぞくのくに』(12)は劇映画、本作はドキュメンタリーだがどちらも傑作。 1930年大阪生まれの母親の激動の人生を描く。 ①第二次大戦中、空襲が激しい大阪から済州(チェジュ)島に疎開。 ②1948年、島の4・3(イデオロギーによる分断、村民虐殺)事件に巻き込まれ、弟妹と命からがら大阪に逃げ帰る。 ③朝鮮総連幹部の父と結婚、息子3人と娘(監督)を授かる。 ④息子3人は、帰国事業で’地上の楽園’北朝鮮に渡ったきり帰らず、母は借金してまで仕送りを続けた。 ⑤娘(監督)は、両親の願いに反して日本人男性と結婚。認知症気味になった母親を済州島に連れて行く…。 撮影は2015年から18年、母が若い頃の回想シーンはアニメで表現。 短い間に老いていく母親の姿(22年1月死去)に泣けた。 鷄スープの味は不変でも、現在の半島情勢は、かくして、家族全員のイデオロギーを路頭に迷わせるのだった。 日本人だって韓国人だって母の願いは一緒、子どもたち、家族全員の幸せである。 それにしても、監督の12歳年下の旦那さんには心から癒された。 助演男優賞を差し上げたい。

閲覧数1,808