レビュー一覧に戻る
グッバイ・クルエル・ワールド
2022年9月9日公開

グッバイ・クルエル・ワールド

- 2022年9月9日公開

cal********

3.0

キャストは魅力的、個々の掘り下げがほしかった・・・

タランティーノの作風に寄せたかな?と最初は感じたが・・・。 三池監督じゃね?って・・・・ 大森監督が、ハードボイルドにやってます。 過去から抜け出させない犯罪グループのメンバーが、 希望がない分、銃をぶっぱなし、血しぶきが舞うシーンが続く。 抜き差しならない現状から、もがく登場人物には、ちょっと共感もある。 が、極道を選んだなら、世間は厳しいのは当然のことと覚悟すべし。 それぞれの人物の掘り下げがあると、もっとよかったかな・・? (特に、斎藤工とお金がほしい玉城ティナの役) 一番怖いのは、Z世代の観た目普通な青年が、 人情もへったくれもなく、ドライな奴らだった。 クズがクズを殺し合う、のはよしとして、 社会派な監督の撮った映画は、 イマイチ救いがなくて、ちょっと残念。 イキがったクライム・シーンは、時として、カッコよくも、 せつなさもあり、 ボビー・ウーマックはじめR&Bの音楽は、嬉しかったです。

閲覧数1,559