レビュー一覧に戻る
ベイビー・ブローカー
上映中

ベイビー・ブローカー

BROKER

1302022年6月24日公開

bakeneko

5.0

ネタバレ男尊女卑は赤ちゃんの値段にも!

一貫して映画で家族と人間の繋がりを模索し続ける是枝裕和監督が、韓国の「赤ちゃんポスト」を題材にしたヒューマンドラマで、赤ちゃんの養子先を探す―養子ブローカー&母親&公安調査員の釜山からソウルまでの道行きの中で、変化してゆくそれぞれの思惑と絆の形成を活写してゆきます 韓国 釜山。土砂降りの雨の晩、若い女ソヨン(イ・ジウン)が〈赤ちゃんポスト〉の受付の前の床に赤ちゃんを置き去りにする。赤ん坊は〈赤ちゃんポスト〉を利用した“ベイビーブローカー”を検挙すべく見張っていた公安調査員のスジン(ぺ・ドゥナ)によって受付ボックスに届けられるが、赤ちゃんを受け取ったのは教会担当者ではなく、クリーニング店の経営者:サンヒョン(ソン・ガンホ)と〈赤ちゃんポスト〉の従業員:ドンス(カン・ドンウォン)で、彼らは養子先に赤ちゃんを売りつけることを商売にしていた。翌日、養子希望者の元に赤ちゃんを届けに出発する矢先に、心変わりして赤ちゃんを引き取りに来たソヨンを見つけたサンヒョンは、警察への通報を防ぐために彼女も養子縁組に参加させることにする。奇妙な3人組+赤ちゃんは釜山から海岸沿いを南下してゆくが、彼らの人身売買の犯行現場を抑えるべく、スジンと後輩のイ(イ・ジュヨン)も追跡していた… というお話で、釜山からソウルまでの様々な半島の風物を走り抜けながら、次第に明らかになる彼らの境遇と心中、そして偶然出来上がった疑似家族の絆の形成を映し出してゆきます 本作でカンヌ映画祭の主演男優賞を受賞したソン・ガンホや国際スターのぺ・ドゥナ以外の俳優も見事な役作りに感心させられる作品で、 孤児院出身のドンスをカン・ドンウォンが繊細に演じていますし、 抑えた表情の下で子供への愛情を垣間見せるソヨンの複雑な心中を、歌手が本業のイ・ジウンがベテラン役者顔負けの上手さで見せてくれます(きれいな子守歌も聴かせてくれます♡) そして、韓国映画ファンは、多彩なゲスト出演にも驚かされる作品で ィ調査員-「野球少女」のイ・ジュヨン 孤児院長の妻-「愛の不時着」のキム・ソニョン 警察側の囮夫-「ビューティー・インサイド」のイ・ドンフィ …を始めとするお馴染みの顔に出会うことが出来ますし、台詞のみですが―ロッテワールドやウォルミテーマパークの韓国での立ち位置や現在の目玉アトラクションも知ることが出来ます(朝鮮戦争のあの激戦地に大観覧車が出来ているのか…) 更に、音楽のチョン・ジェイルはリリカルなピアノソナタと情感あふれるアコースティック ギター曲で劇中人物の情感を奏でていますし、カメラのホン・ギョンピョの役者たちの微細な表情を的確に捉えたカメラも出色であります 新旧の韓国の名優たちの演技と、過度な感情爆発を抑える&全てを語らずに観客の想像に物語を補完させる是枝演出が見事に融合した傑作ドラマで、韓国の特急車両には出入り口のドアの側面に引き出し席があることも判りますよ ねたばれ? 1,私が本作を観た回の観客の男女比は男:女=1:50くらいと圧倒的に女性が多いのに驚かされました。でもよく聞いてみると、てっきりカンヌ主演男優賞のソン・ガンホの人気の性だと思ったら、カン・ドンウォンがお目当てだったのね!(同じ現象が起きたのが2008年の「グッド・バッド・ウィアード」で、やはり女性観客はソン・ガンホじゃなくて、イ・ビョンホンを観に来ていました) 2,韓国で“眉毛が薄い”ことはそんなに深刻な問題なのかなあ?

閲覧数7,247